バンカー回避は悪いクセ

”けん”です。ゴルファーが嫌うバンカー。バンカーからようやく出ただけのバンカーショットに、思い通りにならない苛立ちからでしょう、クラブで砂を叩きつけます。

その後ボールが逆戻りしてバンカー内へ。

ペナになるところ見たことあります。ライの改善です。

ボールをバンカーからしっかりと出たあとに、バンカーを均さなければライの改善になりますのでみなさんも注意してください。バンカーは低いところから入り、入ったところから出て行くことがマナーです。

また、バンカーレーキの置き方もキャディさんに聞くのが一番です。ゴルフ場によっては違いがあります。設計者の意向で景観を大事にする場合もありますので気をつけたいところです。

バンカーから何度打っても出ないことはみなさんも何度か経験がある、または見たことがあるのではないでしょうか。当の本人は恥ずかしさ、惨めさにブチギレることもありますし、周りで静観しているときは、何とも声の掛けようがない気まずい雰囲気になることもよくあります。

「ナイスオン」なんて言ったら睨まれそうですが、実際は、それだけの実力でしかないわけですから、涼しい顔で「どうも!」と言ってほしいところです。無理か!

バンカーショットの難しさは練習量に比例すると思います。プロはバンカーからのほうが距離を合わせやすいなんて聞きますよね。確かにある程度、練習さえすれば上手くなることは間違いありません。

いつも言うように、バンカーショットの練習ができる練習場を利用するべきです。バンカーの練習をすれば、バーディーチャンスが増えることになるからです!?

いつまでもバンカーを避けてばかりのゴルフでは上手くなりません。

「あそこにバンカーがあるから左から攻める。」

これではいつまでたってもバンカー恐怖症。この場合、「左から攻める」ではなく「左に逃げる」が正解だと思われます。

ゴルフが上手くなりたいと思っている以上、バンカーに入らなかったらバンカーショットをしなくていいなんて理屈はもってのほか、通りません。

バンカーの上にピンがある場合も多くあるはずです。その場合、バンカーを回避するように左右から”攻めて”いては、バンカーには入らないかもしれませんが、バンカーショットに慣れるという意味では全く持って理解不能です。

せっかくの”バーディトライにつけるチャンス”をみすみす逃してしまうことになるんです。

バンカーを嫌がるだけでたくさんのバーディを逃していることになります。バンカーを回避して左右から”攻め”てもそんな狭いところに乗せるだけの技量があるのであれば、ピンをデッドに狙っても大丈夫です。

先程の話になりますが、プロはバンカーからのほうが寄る、なんて話をまともに聞く必要はありません。バンカーを練習した人が言う言葉であって、私たちの頭に入ってくる情報には肝心な部分が抜けていて無駄な知識ばかりが支配していることも多いのです。

プロの場合、「”深いラフより”バンカーのほうが」が正しいわけです。私たちがプレーしているラフは浅いはずです。ボールが沈んだとしても、ある程度の予測どおりにアプローチができるものです。

まずはバンカーが目に入っても攻める気持ちになりたいものです。

次回はバンカーから寄せるためのお話をしたいと思います。

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする