苦手なバンカーを克服する方法

”けん”です。本日のゴルフレッスン「苦手なバンカーを克服する方法」です。私たちアマチュアがバンカーに入れるとスコアがとたんに悪くなります。寄せワンなんてほとんど奇跡に近いわけで、バンカーを避けてゴルフをしてしまいがちです。

以前お話しましたが、バンカーを怖がらずに攻めることがバンカー上手になるためには必要です。いつまでも逃げていたってバンカーショットは上手くなりません。バンカーの上にピンが切ってあるのであれば勇気を持ってバンカー越えで狙って欲しいものです。

それでバンカーに入り、失敗しても、そこから学べることがあるはずです。たくさんバンカーに入り苦手意識を克服することがとても重要です。バンカーを避けてばかりいると、ここぞ!ってときに入ってしまいますよ。そのとき対処できるだけの経験を積んでおきましょう。

バンカー苦手な人といってもいろいろなレベルがあるはずですが、ここではあえて、バンカー脱出についてお話します。バンカーのアゴが低いのに出せない、とか、大きくダフッてチョロばかりするという方には、とてもいい方法です。

やり方は簡単です。バンカーでは、足元がぐらつくため、またボールの下の砂をどれくらい取るかで、左右の足を砂の中に「グリグリ」と埋めますよね。バンカーでは足場作りがとても重要です。

そのときに、左足を大きく埋めるんです(右利きの場合)。ティーングラウンドでは打つ場所を選ぶことができます。バンカーでは、打つ場所を作ることができるんです。

ゴルフレッスン/苦手なバンカーを克服する方法

大きな左足下がりを作ることが重要です。地球の中心からすると左足下がりですが、自分中心に考えると、左足上がりのライになっています。こう思えることが重要です(^m^) ウププ…。

ボールを確実にバンカーの外に出すことができるはずです。”けん”も初心者の頃は、これでバンカー克服してきました。いやな予感がするときは、これが一番安全パイです。

それでも練習は必要です。砂の重さに耐えるようにインパクト後もスイングを続けることがちょっとしたコツです。バンカーが苦手な方は是非トライしてみてください。

しかし、アゴの高いバンカーは、これではむずかしいです。出せないときは大きな声で・・・

アンプレアブル宣言しましょう! v(ー_ー) アンプレします! (゛ `-´)/ 何回目だよ

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする

コメント

  1. クラブヘッドとブランコスイング

    「スイングリズム」と「ブランコスイング」については、以前、説明しましたが、今日は、「クラブヘッド」と「ブランコスイング」についてのお話です。

    「ブランコ…