強烈な2段グリーンのアプローチ

アプローチのテクニックを一つ。”けん”が強烈な2段グリーンのアプローチに自信がなかったとき、教えていただいたテクニックです。誰でもできますので、試してください。

みなさんは2段グリーンのアプローチでクラブは何を使いますか?もちろん、2段グリーンの砲台グリーンの度合いにも寄りますが・・・”けん”はこのことを教えてもらうまでSW(サンドウェッジ)を使ってました。

見るにみかねてラウンド終了後、教えていただいたことを、いかにも自分が考えたようにお伝えするのも気が引けますが・・・っていってもゴルフのブログってそんなものでしょう!”けん”が教えてもらったこともすべてみなさんと共有しようと思っています(^m^)

これを教えていただいたとき「スゲェ~!こんなに違うの!」って思ったくらいです。ゴルフが上手い人はアプローチの引き出しをたくさん持ってるんだなぁって感心した次第です。

また絵を描きました。5時半から2~3時間かけて作りました・・・相変わらずですm(_ _)m

2段グリーンのアプローチ

ご覧のとおり”進歩なし”ですが・・・ご了承ください。「いや がんばってるゾ!”けん”」
って方はこちらを押してもらえるとうれしいです。

こちら 

早速、レッスン開始です。

”けん”は2段グリーンのアプローチをSWで傾斜の登りきったところにアプローチしてました。しかしそれではバックスピンがかかり、戻ってくることもありますし、ピンをオーバーしてしまうこともしばしばありました。

そこで、教えていただいたことが、AW/PWでアプローチすることでした。特にテクニック的にどうとかではなくクラブを変えるだけのことなのですが、全然違いました!

しかもワザと傾斜に当てて登らせるのです。SWの場合は同じところに落とすと必ず、後ろに戻ってきますが、AW/PWを使うと前に進みます

それならSWで低く出せばいいのではって声が聞こえてきそうですが、それでは結果は同じ!戻ってくるのです。

そのことについては次回お話します。本日は時間がなくたいへん申し訳ないのですが、時間が空きましたら、このページに付け加えたいと思います。m(_ _)m

ではまた

ウェッジの選び方って?ウェッジを選ぶポイントについて徹底解説。ロフト角度やバウンス角度、初心者のウェッジの選び方など。ソール形状からネック形状まで解説。

シェアする

フォローする