スコア/コースマネジメントなど

スコア/コースマネジメントなど

持ち球を信じる

たとえ大きなスライスが持ち球だったとしてもそれを信じて18ホール続ければ、スコアは普段よりもきっとよくなるはずです。コースマネジメント上、持ち球を持つことは大きな武器になります。
スコア/コースマネジメントなど

出だし3ホールの大叩き

出だしの3ホールでその日一日のスコアが決まってしまうこともあります。そのためゴルフでは「出だしの3ホール」と合言葉のように誰でも知っている言葉になっています。出だしの3ホールを無難に切り抜けることができれば好スコアを狙うことができますが・・・。
スコア/コースマネジメントなど

ゴルフを難しくしていませんか?

ゴルフレッスンの一般的な考えがすべてではありません。人それぞれにあった打ち方ってあると思います。それで上手くいくのなら変える必要はありません。
スコア/コースマネジメントなど

練習の成果

練習をしてもなかなか結果に結びつかないと気持ちが折れてしまいそうになります。でも練習はうそをつきません。
スコア/コースマネジメントなど

ラウンド前にチェックすること

ラウンドする前に天候や風向きなどチェックする項目があります。これを知っているだけで大きなトラブルにならないこともあります。
スコア/コースマネジメントなど

打ってはいけない方向を決める

強気で攻めて大きなトラブルになることが多々あります。トラブルにならないためのラウンドを考えてみましょう。きっとスコアはアップします。
スコア/コースマネジメントなど

使えるクラブだけを使う

苦手なクラブは誰にでもあります。得意なクラブのほうが少ないはずです。不得意クラブは使わないことでスコアアップにつなげましょう。
スコア/コースマネジメントなど

トラブルから抜け出すショット

ゴルフではトラブルはつきものです。トラブルに陥ったときに利用できるショットのお話です。
スコア/コースマネジメントなど

ピンを狙わないのも1つの方法

ゴルファーはやたらとピンばかり狙ってしまうものです。ピンを狙わない攻め方もあります。
スコア/コースマネジメントなど

ミスショットを持ち球にする

がっかりしてしまうミスショットも使い方によっては狙い通りの球筋というわけでミスショットを利用して攻める方法を解説。
スコア/コースマネジメントなど

スコア100を切るためのラウンド

ゴルフにおいてスコアの壁は存在します。私の場合、120に最初の壁がありました。100を切るための最大の敵。それは同伴者。
スコア/コースマネジメントなど

池越え狙いの実力の線引き

池越えやOBは気にし出したらミスしてしまうようになっているようです!?ここでは池越えを狙っていいゴルファーについてお話しします。
スコア/コースマネジメントなど

OB連発を止める方法

1球目OBを打つと連鎖するように連続OBになりやすいですよね。できれば暫定球の1球目で止めたいところです。
スコア/コースマネジメントなど

パターに自信がある人の攻め方

コースを72打でラウンドすると考えるととてもむずかしくイメージも湧かない感じですが、パッティングに関してはパープレーは36パットです。(もちろんアプローチでの寄せワンもありますけどその辺りは愛嬌です)これを使ってコースマネジメントしましょう。
スコア/コースマネジメントなど

同伴者の番手を参考にする

パー3などで番手に悩むことってありますよね。同伴者が先に打つようなときはそれを参考にしたいところです。
スコア/コースマネジメントなど

雨の日こそゆっくりプレーする

梅雨に入り、ゴルファーとしては嫌な時期になってきました。しかし、それを利用することで同伴者に勝つことができるようになりましょう。気持ちの持ちようでどうにでもありますよ。
スコア/コースマネジメントなど

スコアの壁ラスボス

コースマネジメントよりも自分の心から雑念を消し去ることに集中しましょう。心をコントロールすることが大切です。
スコア/コースマネジメントなど

足し算ゴルフと引き算ゴルフ

コースマネジメントを考える上で、クラブ選択のミスは致命的です。クラブ選択に迷ったときは引き算ゴルフで考えてみましょう。
スコア/コースマネジメントなど

ドッグレッグホールの攻め方

トラブルの多いドッグレッグホールのティーショットについて解説します。ドッグレッグホールの攻め方にはいくつかの選択肢があります。
スコア/コースマネジメントなど

スコアのまとめ方を知る方法

スコアをどうやってまとめるのかのヒントは、みなさん自身が身につけているものです。自分の実力を背伸びして見せることはありません。今の実力に合った攻め方があるはずです。