アイアンの飛距離

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「アイアンの飛距離」です。アイアンの飛距離に悩まれる方は結構います。その悩みの多くは、アイアンの飛距離が出ない・飛ばないとことや、飛距離が安定しないということだと思います。

一般的なアイアンの飛距離ってどれくらいなんでしょう。

“けん”の場合、3番アイアンで平均飛距離190ヤードくらいです。夏場になると200ヤード近く、冬場になると飛ばないです。その辺の距離の間隔は、最低でも1年間同じアイアンを使用しないと分からない部分かもしれません。

サンドウェッジはというと、80~85ヤードほどで夏場も冬場もあまり距離的に変化が目立ちません。3番の半分以下の距離しか飛ばないわけですから、許容誤差も小さくなることや、フルスイングしないSWでは、そもそも飛距離も気にならないです。


話は変わりますが、アイアンを購入する場合、”けん”はデザインとロフト角度を気を付けて購入しているような気がします。アイアンの場合、デザイン的にシンプルなデザインでないと気になる方なんです。アイアンを購入するとそれを間ではさむユーティリティーやウェッジのロフト角度や長さについてもとても気にするほうで結局買い替えということもよくあります。


アイアンの飛距離はロフト角度に大きく関係していると思います。もちろん、クラブの長さも大きく影響しますけど。みなさんが使用しているアイアンのロフト角度ってご存知ですか?

アイアンのロフト角度は、基本的にロングアイアンで間隔が3度ほど、ショートアイアンで4~5度くらいが一般的です。しかし、アイアンメーカーのブランドごとにそのロフト角度はバラバラなんです。下記の表を見てください。間違ってたらごめんね。

ダンロップのアイアン 5番アイアンのロフト角度
ザ・ゼクシオ アイアン
24
スリクソン ZR-800 アイアン
27
ブリヂストンのアイアン 5番アイアンのロフト角度
ツアーステージ NEW ViQアイアン
24
ツアーステージ New X-BLADE CBアイアン
26
New X-BLADE
27
本間のアイアン 5番アイアンのロフト角度
ベレス MG802
24
ベレス TW903
26.5
フォーティーンのアイアン 5番アイアンのロフト角度
PC-660
24
TC-550
26
TC-1000 フォージドアイアン
27

これは同じメーカーのアイアンにもかかわらず、アイアンセットによってロフト角度が違ってくるということです。同じ5番アイアンでも3度の開きがあります。一般的に3度違えば、、1番手違うアイアンになるはずです。

例えば上の表でダンロップのスリクソンの5番アイアンを使う人がザ・ゼクシオの5番アイアンを使用するゴルファーより飛ばないのは数字的にみても明らかです。ですから、飛ばしたいのであれば、ロフト角度が24度以下のものを選ぶと飛ぶということになります。

アイアンを替えて飛距離が伸びた!一番手違う!と感じるのはこのロフト角度が深く関係していると思います。実際”けん”が使っている5番アイアンのロフト角度は28度です。難しいといわれるアイアンになればそれだけロフト角度が大きくなる傾向があります。

それを”粋”に感じながらゴルフをすれば、難しいアイアンでもそれなりに楽しく回れるものです。

ゴルフ場で、キャディさんに「ここは7番アイアンでいいと思います。」なんて言われるようなキャディさんのいるゴルフ場は教育が出来ていないと思っていいでしょう。メーカー、アイアンセットによってロフト角度が違うアイアンの番手を勝手に決めるようでは問題です。

ご自分のアイアンのロフトを調べてみてください。ライバルとの飛距離の差が・・・

これか!」と分かるかもしれません。

“けん”のサイトにリンクを作っていますので調べてみてください。

アイアンメーカー編ゴルフクラブメーカー別

ではまた

シェアする

フォローする