曲がる人は飛ぶ

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「曲がる人は飛ぶ」です。飛距離が出なければゴルフは面白くありません。そして曲がらなければ楽しくないのもゴルフです。曲がるからこそ練習します。ボールが曲がるから面白くないなんて人は見たことはありません。

「強振すると曲がるんだよな」という方、大きく曲がるほど飛ばす能力があるということです。基本的に飛ばない人はサイドスピンをかける力がないので、ボールは曲がりません。

パワー自慢のゴルファーは大叩きして墓穴を掘ります。そして、非力なゴルファーに負けることになるのです。18ホールという長い一日、パワー自慢のゴルファーがミスしないようにすることは困難なことなのです。

そのためパワー自慢のゴルファーは非力なゴルファーに負けてしまうと、「どうしてあんなヤツに負けるんだ」と歯がゆい思いをします。そしてまた、強振して大きく曲げることになります。

女性ゴルファー、非力なゴルファーは曲がらない

女性とゴルフをしたことがある方はよく分かると思います。ボールはほとんど曲がりません。ボールは真っ直ぐに飛び、曲がったとしても、男性であれば持ち球にしたいほどの曲がり具合です。

そのため左右のOBは少なく、トラブルになるとすれば、前後の距離からくるものです。例えば、池や谷、バンカーなど越さなければならないところを越すことができない、などです。

もしも曲がらないこと前提でゴルフをするのであれば、パワー自慢のゴルファーばかりがのさばることになってしまいます。非力なゴルファーはゴルフをやらないようになるでしょう。非力なゴルファーはパワー自慢のゴルファーが曲がるからこそ、勝機があるわけです。

何もパワーばかりがゴルフではないというところがゴルフの楽しいところです。そのため老若男女、子供から大人まで楽しめます。

それでも負けたくないパワー自慢ゴルファーへ

クラブを強振して普段よりも5ヤードほどしか飛ばないのであれば、それは曲がるリスクが高くなるだけなので普段どおりのスイングをしたほうがいいでしょう。しかし、強振することで20ヤード先に飛ぶのであれば、考え直さなければいけないと思うはずです。

ティーショットが20ヤード先に飛ぶようになれば、セカンドで8番アイアンで狙っていた距離もウェッジで狙えるようになるんです。当然、バーディー数も増えることになります。

まずはどこに飛んでいもいいので飛ぶ感覚を身に付けましょう。曲がるボールをどのように手なずけるかについては、次回お話したいと思っています。

ではまた

シェアする

フォローする