曲がる人の飛ばし方

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「曲がる人の飛ばし方」です。こんな考えもあるくらいに読んでください。曲がるからには理由があります。もしも曲がらなければボールはよく飛ぶはずなのです。最初からスイングの格好ばかりを気することなく、現実を知ることから始めましょう。

今までのゴルフレッスンで身に付いたアイテムをすべて外しましょう。気持ちよく振れていたスイングを思い出してください。ただ、ボールは大きく曲がりますけどね。何度打っても同じように曲がるはずです。

ゴルフを始めたばかりの初心者ゴルファーの頃であれば、インパクトがバラバラなので曲がる幅も毎回変わることもあります。しかし、ゴルフ歴が長い人は”アイテム”を外したとしても初心者に戻ることはなく、ボールに当てる技術はしっかりと残っているものです。そのため毎回同じように曲がると思います。

曲がることが無くなれば、曲がる人は飛ぶのです。考えてみれば、飛び人ほど曲がるリスクが高くなるわけですから当然です。ただ、曲がらないように打つことがむずかしいわけです。

それならば、ということで曲がらないスイングを探し続けて、現在のスイングになってしまい、結果的に曲がりにくいけど飛ばないスイングを身に付けてしまうことになっているものです。

まずは、力の入るスイング!?をすることが大切です。スイングスピードが上がらなければ、飛ばそうと思っても飛ばないことは分かると思います。それが上記でお話しました気持ちよく振れていた頃のスイングです。

では、それを思い出したとして(^m^)、スイング軌道がどこへ向いているのか、確認してみましょう。これは死ぬ気で凝視するとよく分かります。それができなれば、ボールが飛び出す方向に気をつけてスイングしてください。最初に飛び出した方向こそ、スイング軌道の向きになるはずです。場合によっては誰かに確認してもらうこともありです。

気持ちよく振れたときのスイング軌道が分かれば、その方向がインパクトで最もボールに力が入る、ボールを押すことができる向きなのです。飛ばすための土台となる部分です。もともと持っているスイングなので気持ちよく自然に振れるために強振してもスイングが崩れにくいと思います。

あとは、ボールが曲がらないこと。それができれば、ボールは人生最大飛距離をマークすることになるはずです。ボールを曲げないようにするには、スイング軌道上でフェース面がスクエアになっていることが大切です。

現実的には、インパクトの部分だけで十分なのですが、インパクトは一瞬なのでインパクト前後はフェースの向きを準備、維持しなければなりません。

ボールを飛ばそうと思っている方向へ(普段はアドレスの向きになりますね)、スイング軌道を重ねましょう。そして思い切りスイングするのです。もともと持っている素のスイングです。そうそう崩れることはなくそのことについて考える必要もありません。あくまで自然体のスイングです。

考えることはただ一つ。スイング軌道に沿ってフェース面を維持することです。これで”飛ぶはず”のスイングの完成です。ある意味理想のスイングでプレッシャーに強いスイングです。どんなに緊張しても崩れることが無いのです。

初心者ゴルファーがたまにビックリするくらいの飛距離を出すことがあります。これはスイング軌道とフェース面の一致という偶然の結果ですが、スイング的には必然と考えるべきではないでしょうか

格好良いスイングはあとの話。まずはラウンドできるボールを打つ、迷惑のかからないラウンドをすることが大切です。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. けいん より:

    初めて投稿します。ゴルフ初心者の『けいん』です。けんさんのブログはとても勉強になり、いつも楽しく拝見させていただいてます。

    質問なんですが、ブログに「気持ちよく振れるスイング軌道を飛ばしたい方向に重ね合わせる」とありますが、やり方としてはスタンスの向きを変えるのでしょうか?それともスイングの向き自体を変えるということでしょうか?

    お忙しいと思いますがよろしくお願いします。
    これからも応援しています。

  2. けん より:

    けいんさん

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    気持ちよく振るためにスイング軌道を中心にしてスイングすることになります。スイング軌道をターゲットに向けると、けいんさんのおっしゃるとおり、結果としてスタンスの向きを変えることになります。
    スイング軌道とスタンスの向きが一致する人はいじる必要はありません。

    まずは気持ちよく振る・気持ちよく飛ぶこと始めることが良いのではないでしょうか。
    また遊びに来てください。

  3. けいん より:

    疑問が解消しました!

    ありがとうございました!