インパクトで力が抜ける

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「インパクトで力が抜ける」です。私の先輩には、ゴルフはインパクトで完了するという考えの人もいます。確かにインパクトですべてが決まると言っても過言ではありませんが・・・

インパクトの瞬間にフェースが開いていたり、閉じていたりするとボールはフェースの向きに従順に曲がります。ボールにスクエアに当てることができれば高い確率で狙った方向へボールは飛んでいくことになります。

インパクトを意識しないスイングを心がけるようにすることをすすめるゴルフレッスンもあります。インパクトはスイングの中の通過点にすぎないという考え方です。言葉は格好良いイメージですが、インパクトでのフェースの動きを完全に管理ができていなければ・・・

空振りもする ただのブンブン丸です。

これではボールがどこに飛ぶかわかりません。当然、周りの人に「ボールをよく見るように」なんて言われることになります。

「インパクトで決まる」、「インパクトはスイングの通過点」、どちらも正しいと思いますが、結局どちらも欠けてはいけないことなのです。

ゴルフのスイングにはゴルファーそれぞれにたくさんの重要なポイントがあるものです。スイングは一瞬です。そのすべてのポイントを考えながらスイングすることは不可能です。せいぜい1つか2つのポイントに絞ることになるでしょう。

そのため、その他のポイントはすべて体に覚え込ませるという体育会系的なノリが必要になります。ゴルフの場合、体に覚え込ませるほどの練習をする人がどれくらいいるのか定かではありませんが、そこまで自分を追い込んでいる人は少ないはずです。

それでもある程度のことは無意識の中で行なうことができるようにならなければいけないということでしょう。これは他のどのスポーツでも同じことでしょう。ゴルフだけが特別というわけではありません。

話を戻して本題の「インパクトで力が抜ける」ですが、ボールを強く叩きたいあまり振り下ろしに力が入り、肝心のインパクトでは息切れしてしまうのです。

感覚的に振り下ろしからスピードを出すとインパクトで強く叩けそうな気がしますが、それよりもフォローに重点を置いたスイングをした方がボールは飛びます。インパクトで終わるのではなく、インパクトからスイングスピードが増すくらいの気持ちで振ることが大切です。(実際はインパクトが完了するとスイングスピードはグッと遅くなりますけど)

フォロースルーをしっかり取るためには力の入れ具合と呼吸だけで十分感じることができるはずです。

トップを楽に構え、ダウンスイングで徐々に力を出していくことになりますが、これをスイングをいじりながら行なうことはとてもじゃありませんが、できるものではありません。そこで取り入れるのが呼吸方法です。

最近ではイチロー選手がバッティングの時にインパクトで息を吐きながらスイングしているところが有名になりましたが、それより以前から坂田信弘プロのレッスンでボールに息を吹き掛けるようにスイングすることが大切とビデオで解説されていました。

ボクシングのパンチを出す時に「フッ」とか「ンッ」とか聞こえてきますし、テニスでも声なのか息なのか?大きな音が聞こえます。人間、力を出す時は息を出すものです。力を出す時に吸い込むと力は出ませんし、息を止めるよりも吐き出した方が力は圧倒的に出るものです。

スイング軌道のヘッドの各位置にまたはグリップの各位置に等間隔にろうそくの火がともされていると考えてみてください。

インパクトで力が抜ける

トップから切り返しでは息を静かにしてろうそくの火を消さないようにして、ボールに近づくにつれ(インパクトに近づくにつれ)、ろうそくの火が揺らいでいき、インパクト付近からその先はすべてのろうそくの火を消すくらいの気持ちで息を吹きかけてみましょう。

そうすると、楽に大きなフォロースルーが取れるようになるはずで、同時に、力強いインパクトが可能になると思います。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする