飛距離はフィニッシュに表れる

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「飛距離はフィニッシュに表れる」です。スイングで大切なことの1つに、常に一定のフィニッシュが取ることがあると思います。

一定のフィニッシュを取ることは非常に難しいことで、プロゴルファーだってミスした時はフィニッシュが崩れてしまいます。フィニッシュまでの過程にミスが生じると理想のフィニッシュを取ることができなくなりバランスよく立つことができません。

また、スイング途中で気づいたときは修正しようとしますので、そこから別のスイングに変えたりするとフィニッシュが別の形に落ち着いたりします。たとえば右手を離してみたり、左脇を開けたりする感じです。

それくらいフィニッシュには結果が表れることになります。

大きなフィニッシュを取るために

このフィニッシュが大きいと飛距離が出ている証拠です。やはり距離を出したいときはフィニッシュが結果的に大きくなっているものです。

「そういうことか!」ということでフィニッシュを大きく取ってみてもなかなか決まらないと思いませんか。フィニッシュだけを変えてみてもそれまでの過程同じなら今までのフィニッシュに収まりやすいでしょう。

やはりフィニッシュが勝手に大きくなることが理想です。

飛距離を出すためにインパクトで右手でボールを押すことは皆さん聞いたことがある思います。クラブを左腕だけで振ることは大変むずかしいことです。左腕リードとはいってもやはり強い右手は使えるだけ使いたいものです。

右手でボールを押してフィニッシュを大きく取ると思って打ってみて下さい。フィニッシュでは右腕が空を突き上げるように大きくなっているはずです。

ただし、利き腕が右利きの場合、一般的に生活のほとんどにおいて右手を使いますから、力も付きますし、左手とは比べものにならないくらいに器用です。左手の力を7、右手10とするとバランスが悪く結果的にこの3の力の差がミスにつながります。

そのため、左手7の力に合わせて右手も7まで使うことが理想になります。もっとできるんだと右側が本気になるとボールは予想しない方向へ飛んだり曲がったりするものです。

右手をもっと使いたかったら左手の力をつける必要があると思います。

ではまた

シェアする

フォローする