ヘッドスピードを上げる方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ヘッドスピードを上げる方法」です。飛距離にもっとも影響を与えるのはヘッドスピードです。飛びの三要素は「初速・打ち出し角度・バックスピン量」です。特に初速はヘッドスピードがカギになります。

今回はヘッドスピードを上げる方法の中からいくつか紹介したいと思います。

ヘッドスピードを上げる方法

ゴルフクラブでヘッドスピードを上げる

ヘッドスピードを簡単に上げる方法と言えば、現在使っているクラブよりも軽いものを使う方法です。軽いクラブはとても振りやすくヘッドスピードも上がりますが、体が慣れてくると元のヘッドスピードに戻りやすいため、一時的なヘッドスピードアップの方法でしかありません。

クラブを変えるという事であれば、同じクラブヘッドでもクラブの長さが0.5~1インチ長くなるだけでヘッドスピードは確実に1~2m/s程度上がります。最近のクラブはシャフトを変えることができますのでこれは使えると思います。

体でヘッドスピードを上げる

体を鍛えることでヘッドスピードを上げる方法です。練習さえすれば時間はかかりますが、ヘッドスピードはアップするものです。筋力的に大切な部分は握力ではないかと思っています。ゴルフの練習を続けていると勝手に握力がつくものです。

また、体全体を鍛えることで全体のスイングバランスをきっちりと作ることができれば結果的にヘッドスピードが上がることにつながるはずです。基礎体力の向上が長い目で見るとヘッドスピードアップに大きく貢献します。

スイングでヘッドスピードを上げる

タメを使ったスイングはヘッドスピードを上げることができます。下半身と上半身の捻転からスイングすることで、ダウンスイングの右腰辺りでグリップとクラブシャフトが作る角度にそれが表れます。
インパクトでそれを開放することで飛躍的にヘッドスピードがあがります。

タメのスイングに加えて、インパクト手前でグリップを引っ張るような力を意識的に加えるとヘッドが前に出てきますのでヘッドスピードアップに効果がありますし、インパクトに力ず良さを感じない人にとってはたいへん有効だと思います。

ただし、グリップを引くことでトップやダフリが出てしまうこともあり、結果的に方向性まで失ってはいけませんので、実際に行なう場合は注意してください。

ではまた

シェアする

フォローする