*

人気ブログランキング にほんブログ村 ゴルフブログへ

ロフト角度とスイングアークの関係

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ロフト角度とスイングアークの関係」です。ボールを遠くまで飛ばすためにはスイングアークが大きい方が良いと思っていましたが、そうとも言えないのかなと思うようになってきました。

横田真一プロの著書の中に厚いインパクトと薄いインパクトというものがありました。そこには詳しく書いてありましたが、インパクトではフェース面とボールが直角に当たることが厚いインパクトを作るポイントとあります。詳しく知りたい方は横田プロの本を読んでみてください。

ロフト角度とスイングアークの関係

そこでその先を考えてしまうのが私たちアマチュアゴルファーです。フェース面とボールが直角に衝突することで低スピンを実現できるため飛距離アップにつながります。これがゴルフの飛距離の常識的な部分です。

そのため、ロフト角度の大きいクラブになると、スピン量が増えボールは高く上がりますが、飛距離ロスにつながることになります。しかし最近のクラブ事情を考えるとロフト角度が大きいクラブで飛ばすことを薦めているクラブメーカーがほとんどです。

以前はレッスン雑誌でロフト角度は少なめのほうが飛ぶという記事をたまに見ていましたが、最近はロフト角度多めで飛ばすことが推奨されています。

ボールとフェース面を直角に当てるということで考えると、ロフト角度が少なめのクラブを使う場合に直角に当てるためにはフォローを大きく取ることが必要になり結果的にスイングアークが大きい方が望ましいことになります。

逆にスイングアークが小さい場合はロフト角度が大きいクラブを使うことでボールとフェース面を直角に当てることができるようになるのでは!?と思っています。

あくまでも個人的な考えであり間違っているかもしれませんが、もしも「そうかもしれない」「いや違うな」と思った方はご自分のクラブで確かめてみてください。

ちなみに私はまだ検証していません。

ただし、ウェッジでスピンをかけることを考えると当たってる気もしますけど。
参考「続スピンのかかるアプローチ

ではまた

投票していただけたらうれしいです!

人気ブログランキング にほんブログ村 ゴルフブログへ

関連記事

no image

誰でも飛ばし屋になれる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「誰でも飛ばし屋になれる」です。今回から数回に分けて解説するつも

記事を読む

no image

飛距離アップ!体重移動範囲を知る

幼稚園の演奏会!昔は大太鼓(おおだいこ)が一番カッコいいと思っていました。 しかし、子供はシン

記事を読む

ゴルフスイングの捻転する方法

ゴルフスイングの捻転する方法

ボールを最大限飛ばすためにはスイングの捻転は欠かせない形であり動きです。初心者ゴルファーにとって捻転

記事を読む

タメが無く解放されたスイング

タメて飛ばそう

”けん”です。全米女子オープン2日目まで終わって宮里美香選手がトップ、宮里藍選手が2位ということで日

記事を読む

ヘッドスピードを1m/s上げる方法

ヘッドスピードを1m/s上げる方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ヘッドスピードを1m/s上げる方法」で

記事を読む

no image

ライバルには教えないで

ゴルフを初めたばかりのときは、飛距離が出ませんでした。あまり気にもしませんでした。ゴルフは運動神経の

記事を読む

no image

飛ばし屋の共通点

こんにちは”けん”です。昨日の続きです。詳しくは先日の記事を読んでくださいね。  

記事を読む

no image

飛ばし屋になれ!上体の加速

ベニヤ板でブーメラン作り!子供たちも楽しそう♪ 「そうじゃない!こうやって持つの!」 「

記事を読む

no image

誰でも飛ばし屋インパクト距離

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「誰でも飛ばし屋インパクト距離」です。10年前は飛ばないことで有

記事を読む

no image

右ひざ固定で飛距離アップ

財布出してビックリ!シールが貼ってありました。 「だれだ!ピカチュウのシール貼ったの!」と3才

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

CAPTCHA


  • たとえば、「スライス」と入力してみて下さい
  •  GDOゴルフクラブ買取りサービス
    クラブを売って欲しいクラブの元手にするゴルファーはたくさんいると思います。
    買取り相場がオンライン上で可能
    相場チェックだけなら会員登録不要
    宅配にて引取りに伺います。
    引取りも万一返却の場合も送料は無料!

  • 千葉県ゴルフ場予約-団体/優待- 初心者ゴルフレッスンナビ-基礎知識入門

PAGE TOP ↑