飛距離アップの右手の使い方

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「飛距離アップの右手の使い方」です。クラブをただ単に振り回して飛ばすレベルを卒業した後は、現在の飛距離を1ヤードでも伸ばすために右手を使うことが良いと思います。

飛距離アップの右手の使い方

左腕リードでクラブを振ることはとても大切なことです。右打ちの場合、アドレス時に右肩からすると左肩のほうがターゲットに肩幅分近いため、左腕リードはとても有効な手段です。右腕リードにすると体重が左サイドに乗りきらず全ての力をボールにぶつけることが難しくなります。

また、左肘を伸ばすことでボールとの間隔を一定に保つことができますので、スイングの形を作る上で、今後ゴルフを続けていくことを考えると重要な部分になります。

一般的にアドレス時は右グリップを軽く握ることを薦められます。これは左手の握力は右手よりも弱いため、右手を使って振ってしまうと有り余ったパワーが左腕で作った方向性を台無しにしてしまうことがあるからです。

しかし、その右の有り余ったパワーを使わないことは勿体ないです。右のパワーを少しでも利用することで飛距離をアップさせた方が得策です。そのため以前よりお話ししていますが、インパクトで右手で少しボールを押すと良いでしょう。

たったこれだけのことでボールの勢いが増すことは、実際にボールを打ってもらえれば分かると思います。

これならいける!と感じたみなさんが、もっとボールを押したいというのであれば、できるだけ効率的にボールを押すための形を知っていればもっといいでしょう。

ボールを押すための形を知る方法は簡単です。重たいものたとえば鉄アレイやブロックにタオルをかけてそれをボールに見立てます。それに対してアドレスしてフェース面で押してみるだけです。

これだけグリップがどの向きのときに押しやすいか、または力が伝えやすいか分かります。ただし、、押しやすくてもフェースの向きが変わりやすいのであれば別の握り方をして工夫しながら見つけましょう。

梅雨時期でランが期待できないラウンドが続きますが、右手を使ってキャリーで飛ばしましょう。

飛ばし屋と呼ばれる日も近いかも・・・

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする