右肘の使い方で飛距離アップする方法後編

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「右肘の使い方で飛距離アップする方法後編」です。前回の内容では右肘を終身に考えたアドレスについて確認しました。飛距離アップにはこの右肘の役割がとても重要になってきます。

もしも、インパクトで右肘を伸ばしたまま打つとどうなるでしょう。ぜひ行なってみてください。ボールには勢いがなく気持ちのこもっていない球になるはずです。

ゴルフのスイングを弓を引く形に例えて紹介されているゴルフレッスンがあります。左肘を伸ばして右手で弓を引く形です。右肘を伸ばしたままでは弓を引くことは出来ません。弓を引けば引くほど右肘は曲がります。これはトップまでのお話です。

バックスイングは右肘を曲げることで理想のトップの位置へと導いてくれます。それでもゴルフのスイングでは右肘の曲がる角度は最大で90°までです。

ただ、左肘がしっかりと伸びていればその角度は90°よりも鈍角になるはずです。左肘が曲がってしまうと右肘に曲がる余裕部分ができてしまいます。それがオーバースイングを助長することになります。

飛距離アップのダウンスイングトップで作った右肘の形を持続することはとても出来ませんが、意識することが大切です。

ダウンスイングでは右肘を右脇腹からみぞおち付近に持ってくることで飛距離アップに重要なタメを作ることが可能になります。

ただ、このとき気をつけなければならないことは右肩の落ち方です。それさえ気をつけておけば何も問題ありません。

インパクトではアドレスで作った軽く曲げた右肘の形にならなければなりませんが、スイングはわずかな時間の一瞬のことです。インパクトで右肘が軽く曲がっているのかどうか分からないと思いませんか。ところがわざと右肘を伸ばして打ってみるとその違いを感じることができます。

右肘が伸びきるのはインパクト後しばらくしてからです。これがどれくらいかは個人差があると思いますが、ここで大切なことはインパクトで右肘が伸びきっていないという事実です。それを確認できれば良いと思います。

飛距離アップのインパクト

インパクトから右肘が伸びるまでの間は、ボールをフェース面に乗せて押す作業です。ここでどれだけフェース面をスクエアに出来るかで方向性を出すことにつながりますし、フェース面に乗せる距離が長くなればそれだけ飛距離が伸びます

フェース面にボールを乗せるためにはクラブの加速が大切です。クラブが等速で動いているよりも加速していた方がボールはフェース面に長く乗せることが出来ます。

インパクト前に右肘が伸びきってしまうと早い段階でリストターンが始まってしまいますので、方向性も飛距離も望めませんよ。

ではまた

シェアする

フォローする