飛距離アップは右脇の締め方

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「飛距離アップは右脇の締め方」です。左脇の締めについてよくゴルフレッスンに登場します。

同じように右脇を締めておかないといろんな面でゴルフを複雑にしてしまいますし、飛距離もロスすることになります。

ただし、トップで右脇がガラガラに空いているようなトッププロもいますが、ダウンスイングの初期にしっかりと右脇を締めることから始動していたり、腰にグリップが降りてきたときにしっかりと脇がしまっていたりします。注意して観察してみて下さい。

また、右脇が締まることでスイングのタメを作ることが可能になります。これが上手くできるようになると飛距離は飛躍的にアップします。また、右脇を締めるということは右ひじを幾分曲げなければ難しくなります。インパクトで少しだけボールを押すことができますのでこれも飛距離アップにつながります。

右側が飛距離につながるということはこういうことも含めた部分だと思います。

両肩の幅内にグリップを収める

それでは右脇を締めるといってもどのように締めると良いのでしょうか。基本的にはグリップが両肩の幅の中に入っていると右脇は締まっているはずです。(これは感覚的な部分でスイングしているゴルファーを見るとバックスイング後半では両肩からいくらか外れるものです。それくらいの気持ちでということでよいでしょう。)

右脇が空いているスイング

ただ、これまでべったりと巻きつくように左ひじが胸の前で角度がなく、右ひじが背中側まで入ってしまうとクラブはどこまでも上がってしまいます。こうなるとインパクトでアドレスの形に戻すことが難しくなり開いたインパクトになります。

いきなりスイング中、両肩の幅の中にグリップを位置させようとするととてつもない違和感を感じることになるはずです。まずはやってみて下さい。これまで右脇がしまっていない人にとってみると気持ち悪いのです。

そのため感覚だけでも締まっていることを感じるためにお勧めするのは、アーリーコックでのバックスイングです。テークバックの初期に早めにコックすることをアーリーコックといいます。普段レイトコック気味に方はアーリーコックをすることで右脇が締まることを体験することができます。

私自身はレイトコック気味です。アーリーコックにすることを何度も試みましたが、不器用なのでしょう。なかなかものにすることができず残念です。

もしもスイングが固まっていない人や、これから始めるという方はアーリーコックをお勧めします。レイトコックよりもアーリーコックはシンプルなスイングで良いと思います。

ゴルフはできるだけ無駄な部分をそぎ落とすことも重要です。普段から練習の虫になっているみなさんであればスイングの贅肉をつけているはずです。それはこれまでいろんなスイングを試した結果つけてしまったいらない部分です。

ぜひ試してください。

ではまた

シェアする

フォローする