タメができない

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「タメができない」です。ボールと飛ばそうと思いいろんなことに挑戦しますよね。「タメができてない」なんていわれて、タメって何だろう!?と調べてみることになるはずです。

タメってむずかしい

今までタメなんてゴルフでしか聞いたことがなかったわけですし、どうすればタメができるのかわからないですよね。ではどのようにして知るのかというと、レッスン書の連続写真の一部を切り抜いてその形を真似てみることからはじめるのが普通です。

”けん”もそのようにしてタメの練習をしました。だからといって飛距離が伸びたのかどうかは疑問ですが、何となく雰囲気は掴めたような気がしてイッパシの飛ばし屋になった気分にもなったことがあります。

ある日、連続写真をゴルフ場で購入してみると、自分のスイングに唖然としたものです。タメができていないんです。レッスン書で見た形を真似したのに!ダウンスイングの写真にそれは写っていました。グリップの位置が右腰付近でクラブが地面に平行に近い状態になっているではありませんか!

どう考えても参考にした写真とは同じものではなく別の誰かの「写真かなぁ」と”自分はやってない”的な気分に陥りますが・・・写真は嘘をつきません。その服、その顔、同伴者。自分以外にいないわけです。

予定では、その位置のクラブは、グリップエンドが地面を指しているはずなのですが、気持ちとは裏腹にタメはダウンスイングの初期、切り返しのときに一瞬で・・・

開放していました ((( ;゚Д゚)))エ・・・エエー!!

タメのゴルフレッスン

スイング的にも実に見苦しいスイングで、人に見せられるものではなく、本棚の奥に封印することになりました。絵的に見ても分かるように、ダフリのオンパレードになります。

みなさんはどうでしょう、タメはできていますか?タメができているとスイングがとてもきれいに見えます。しっかりとしたタメを作ることで飛距離アップを目指してみてください。

タメについては次回から数回に分けてお話しできたらと思います。必要以上にタメることはしなくてもいいと思いますが、せっかくなら飛ばしたいですからね。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. はるる より:

    こんばんわ。
    練習場ではレッスンの復習を行うことがほとんどですが、タメがどれくらいあるかは不明です。小さなデジカメなのでTV中継でみるようなスローもコマ送りも出来ず、途中で止めてもシャフトの残像があるのでタメが利いてるように見えてしまいます。時々レッスンで性能の高いカメラで撮影されますが、それを見てはじめて思ったほどじゃないことに気づきます(笑)。タメ・・・どこかで売ってませんでしょうか(笑)。続きを期待しております。

  2. けん より:

    はるるさん
    おはようございます。
    自分のスイングをレンズを通してみると・・・
    ガッカリしますよね。

    私も買います・・・
    他にもたくさん欲しいものはありますけど(^m^)

  3. taka より:

    初めてこのサイトきましたが、参考になる記事がいっぱいですね~

    いつもはこのブログとか見てるんですけど

    こちらもブックマークさせていただきました★
    また遊びに来ます♪♪