クラブフェースの芯に当てる

クラブフェースの芯に当てるにはどうしたらよいか。これは私がゴルフを始めて数年立ってから考えた事です。

芯に当てるにはボールをしっかりと見ること!なんていわれます。しかし、現在のゴルフ理論ではボールをしっかり見ることはあまり強調されていません。デビッドデュバル選手やアニカソレンスタム選手のようにルックアップ打法なる打ち方があるからでしょう。

ルックアップ打法

アニカソレンスタム選手は身体の回転・振り抜きを良くする練習のために行なっていて、練習内容が実践でも使えるということで今のルックアップ打法になったそうです。

私が実際にルックアップ打法を行なうとインパクト時、左肩が浮き(右サイドが下がる)ボールにまともに当たりませんでした。芯に当てるどころかボールに当てる事もままならないのです。

SPONSORED LINK

本気でボールを見る

みなさんはクラブフェースの芯にボールを当てる事を考えた事がありますか?

こんな事ブログで伝える事でもないと思うのですが、ボールが当たる瞬間を本気で見るようにしてみてください。意外とボールをしっかり見るという言葉だけで納得しているかもしれません。死ぬ気でボールが飛び出す瞬間を見てみましょう!

本気でボールを見る

その時にフェース面がボールに対して直角に当たっているかボールがどこに当たったか本気で見る気持ちで打ってみてください。

これはドライバーでしか行なったことありませんが、気持ちいいほど芯に当たります。フェース面がボールに対して直角に当たっているのであれば多少のアウトサイドインやインサイドアウトでもスライス・フックは出ませんよ。

飛びます。今すぐ練習場で試してください。

ではまた

男子プロのゴルフクラブセッティングを参考にしてみる。

シェアする

フォローする