簡単!理想のフィニッシュを身に付ける方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは、「簡単!理想のフィニッシュを身に付ける方法」です。今回は簡単に理想のフィニッシュを作り上げる方法についてお話します。

前回、「高いフィニッシュと低いフィニッシュ」についてお話をしました。ゴルファーのフィニッシュで、ある程度どのような球筋か分かるということをお話しました。

アウトサイドインでスライスしたりヒッカケたり、インサイドアウトでフックしたりプッシュしたりと、ゴルフには悩みがツキモノです。ゴルフのゲーム自体、スイングの美しさや球筋の力強さを争う競技ではありません。

純粋にスコアだけを意識できればゴルフに対する考えた方も大きく変わりますし、スコアはみるみるよくなることもわかります。しかしながら、ゴルファーとして、できれば綺麗なスイングでゴルフをしたいものです。

理想のフィニッシュで他も決まる

プロゴルファー(右打ち)がミスショットしたときに、背中側に倒れるようにしてボールの行方を見ているときは、ターゲットに対して右側にプッシュしたとき、途中から右に曲がりだしたときです。

正面側に倒れるようにしてボールの行方を見ているときは、反対に、左にヒッカケたとき、または途中からボールが左に曲がりだしたときです。

これは、ボールを見て初めて体を傾けることもあるかもしれませんが、アマチュアゴルファーだったとしてもある程度ゴルフをしていると、スイングやインパクトの感覚でどちらにミスしたということを感じることができるわけで「右に曲がるだろうな、我慢してくれ!」みたいな感覚で体が反応すると思います。

そんなことを考えてもフィニッシュの結果が、ボールの行方に大きく左右することは理解できると思います。フィニッシュを作り上げることができれば、今、ゴルフで悩んでいることは解決できるかもしれないのです。

自分なりのフィニッシュを考えて、そこにクラブを納めるには、どこからクラブを下ろしきたほうがいいのか考えることになります。当然ですが、途中にボールがあります。フィニッシュの位置とボールを結ぶ線を意識して逆再生のスイングをしてみると理想のダウンスイングをするために気持ちよくバックスイングできる方向も自ずと決まるはずです。

バックスイングとダウンスイングが必ずしも一致しないことはみなさんもよくご存知のはずです。動く方向が真逆ですから、体が先行してクラブを動かすことを考えた場合、バックスイングとダウンスイングの軌道は一致しないのが当然です。また、バックスイングとダウンスイングのスピードを考えても理解できるはずです。

高いフィニッシュを身に付ける方法

前置きが長くなりましたが、高いフィニッシュを作り上げるためには、どのようなことをすればいいのか”けん”が試して上手くいった方法をここではお話します。みなさんには、もっと良い方法があるかもしれませんが、あくまで個人的な方法です。

”けん”は、小学生のときからソフトボールをしています。ソフトボールは右打ちよりも左打ちのほうが有利です。しかし残念ながら大人になるまで右打ちで行なってきました。子供もソフトボールをしています。チームに左打者が少ないので子供には左打ちになってもらいたいと、いっしょに左打者に転向しました。

・・・が・・・今まで右で打っていた私にとって左打席は違和感の塊です。。ボールを捉える位置がマチマチなのは仕方ないことですが、、これは素振りを重ねれば上手く対処できるようになると感じました。

問題は、前に突っ込むようなスイングになってしまうことでした。左バッターですから、バットを振るときに、体重が右足にほとんど乗ってしまう、ゴルフでいうところの”スエー”、それも・・・

パワフルスエーでした。

子供はというと、反対に全く微動だにしない、小手先だけの素振りになっているようで、フィニッシュも左足かかとが捲れることもなく、ただの手打ちスイングになっていました。そこでゴルフで理想のフィニッシュを作り上げるときにしていたことを、試したところしっかりと左バッターのスイングになれることがわかりました。

やり方はとても簡単です。以下

  1. 右打者のフィニッシュ時、下半身の形をしっかりと頭に刻み込みます。
  2. 左打者で鏡で映したように、下半身の形をできなくてもいいので作ります。
  3. その下半身の形を戻すことなく(崩すことなく)、素振りをします。
  4. 違和感はありますが、10回程度、素振りをしてみてください。
  5. 普通に構えて振ってみてください。

アラ不思議!しっかりと素振りができたと思います。できれば、マスコットバットなど重さのあるものがいいでしょう。

ゴルフでも同じです。高いフィニッシュを作り上げて、その下半身をそのまま動かすことなく素振りを10回程度してみることです。即座に素振りをすれば、高いフィニッシュができるようになっているはずです。とても簡単ですが・・・問題なのは・・・

すぐに元に戻ってしまうことです。

これを繰り返すことで高いフィニッシュが完成するはずです。理想のフィニッシュを作り上げるときに行なってみてください。

ちなみに、スライスしている球に対して、慌てて高い位置にクラブを収めたハイフィニッシュをしてもボールが左に戻ってくることはありません。

遠隔操作はできないようになっています。

ではまた

ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

シェアする

フォローする

コメント

  1. あっき@ゴルフ初心者 より:

    はじめまして、検索でやって来ました、あっきと申します。

    フィニッシュが決まると全てが決まる・・・おっしゃるとおりですね。
    これが決まれればミスショットがかなり減らせますよね~!