続ウソ!1Wばかり練習するな

”けん”です。本日のテーマは「続ウソ!1Wばかり練習するな」です。

ドライバーはラウンド中最大で14回しか使わないから、「練習しなくいいの?」・・・・
とんでもない練習してください。パターが18ホール2パットで36ストロークになりますね。
では「パターのほうが重要?」とんでもない!ドライバーもパターもどっちも重要です。

スコアをまとめるにはパターやグリーンまわりからのアプローチ(ショートゲーム)はとても大切です。

ドライバーはラウンド中14回しか使わないのにどうして重要なのか?初心者の方こそしっかりと把握しておくべきでしょう。”けん”がどうして、ドライバーをたくさん練習してください。と言っているのか。それは・・・OB数です。最大14にOBしかもパターと違い2打加えますからね。(空振りやチョロだってありますよ)

OBを打つと次は3打目となり、パターのスリーパットと変わらない!またはもっと”たちが悪い”です。パターは入る日もあれば入らない日もあります。グリーンの状況・そのときの気持ちがとても大きく加わってきます。最後のひと転がりで入るのに手前にスパイクマーク!!パターには運も必要なのです

ドライバーでOBを打ったら、次の1打OBを出さない自信がありますか?おそらくまた出るかも!?と思ってしまうでしょう。”けん”もドライバーでのOB連続 5 発!それもクラチャンに初出場のときにあります。頭の中がボッっとなりました。極度の緊張がラウンド途中で襲ってきました。ビビリました。6発目はラフに止まりOBは免れましたが、セカンド地点で次打が・・・・・

12打目ッ(;´д`)

1つのホールでパターであれば12打は、叩きませんよね!”けん”の記憶では今までパターを1ホールで打った数は・・・

8打けっこう打ってるなぁ(;´д`)結局パターも大事ですね。もちろん実話です。

ドライバー練習してください。必ず成果が現れます。パターでミスしても打つ場所(次打)が変わり、距離・傾斜などの要素が変化するので、ミスしても先ほどのミスと同じ(ミス)にはなりません。また、すぐに次のホールへ気持ちが向きますから、意外とその場で気持ちの切り替えが出来たりします(イップスなどは別として)

しかし、ドライバーでミスすると同じところから打つ直しですから、ついさっき打った状況を思い出し、同じミスまたは全く逆のミスをしてしまいます。

こんなことがあってドライバーの練習をするようになりましたよ。皆さんも”けん”のようにならないようにドライバー練習してください。

ではまた

ドライバーの選び方を徹底解説。初心者・アベレージ・シングルプレーヤーまで自分に合ったドライバー選びのポイント。

シェアする

フォローする