簡単ボールを上から叩く方法

“けん”です。本日のゴルフレッスンは「ボールを上から叩く方法」です。ゴルフ練習場で周りを眺めているといろんな方がいらっしゃいます。練習場のマットは気持ちよく打てるように!?なのかどうかは分かりませんが、とてもフカフカで嫌になります。

そんなことが原因でしょうか?ダフリ気味のインパクトを迎えている方がほとんどです。それでも、練習場のフカフカマットであれば、ビックリするほどの「ナイスショット」が打てます。

とても気持ちがよく上手くなったような錯覚さえ抱いてしまいます・・・では果たしてそれでゴルフのラウンド時に通用するのかは疑問です。緊張感の無さとフカフカマット!で練習場シングルが出来上がるといっても間違いではないような気がします。

フカフカマットと知らないで練習していると人工芝とボールの間に出来ている空間の存在を感じることはできません。常にティーアップされている状態にあるボールを打っているようなものです。

実際のラウンドでフェアウェイには、そのような空間は存在せず、浅いラフに似ているかもしれません。それだけに私たちはフェアウェイよりも浅いラフのほうがティーアップされているようで安心してボールを打つことができるのかもしれません。

それだけにフェアウェイではボールの手前でゴルフクラブが地面に食い込んでしまうことになるんです。練習場でダフる練習を繰り返していたゴルファーにとっては当然のことです。練習場どおりのラウンドが出来たということになるでしょう。

大きなターフが取れたとしてもボールにクラブヘッドが届いたときは、ヘッドスピードが大きく減速しているのでボールは「飛ばない」「上がらない」という弱々しいものになります。

練習場によっては、人工芝がビッシリ密集しているものを使っているところもあります。みなさんはそんな練習場を探してみてはいかがでしょうか?

それでも練習場マットのターゲットよりの部分は下から浮いていることも多くあります。打った後、「タ~ン♪」とボールを打っただけでは起きそうにない音が聞こえた場合は、浮いていることもありますよ。

昔から言われているように「ボールは上から打て」でラウンドできるようになりましょう。ボールを上から捕らえるためには簡単に2つの方法が頭に浮かびます。

一つは、体重移動をすることです。ボールが浮いた状態で練習を続けていると「すくい打ち」になりやすいものです。

練習場では飛ばすことに喜びを感じることと同じくらいに高さを出すことにも精を出しているはずです。繰り返していると取り返しのつかない「すくい打ち」になっていることがよくあります。

典型的なすくい打ちゴルファーはしっかりと体重移動が出来ていないことが多くあるようです。浮いたボールを打ちすぎた弊害だと思います。

5ヤード先にアプローチをしてみてください。左足体重のまま打つと上から叩けますが、右足体重のまま打つと手前から入ってしまってダフリが出てしまいます。それを嫌って上を叩きトップすることもあるでしょう。

上から叩くための二つめは、アドレスでしっかりとハンドファーストを作る必要があるということです。最初は少し大げさに行なうことで上から叩く気持ちよさを感じることが出来ればしめたものです。感覚さえつかめれば違和感もなくなります。

ハンドファーストにするためには、少しグリップを見直すことも考えてみていいと思います。現在のグリップより少しフックグリップにすることでハンドファーストに構えやすくなるはずです。

上記は簡単な上から叩く方法です。他にもたくさんの方法があると思います。

練習場では自分に厳しくそのときの気持ちよさを求めるのではなく、ラウンド時にどうなのか常に意識しながら練習することが大切です。

ではまた

アイアンの選び方って?アイアン選びのポイントについて徹底解説。飛距離が欲しい、弾道を高くしたい、もっと方向性を上げたい、右に飛び出しやすい、ライ角の選び方、ロフト角度、シャフトなどアイアンを選ぶときに参考にしてください。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 喜-15 「思わぬ物に効果あり!」:ゴルフクラブの汚れ落とし

    私はゴルフは好きですが、腕のほうはからきしだめです。
    練習をしないのだから、当然といえば、当然のことです。
    ゴルフ場に行った回数の方が打ち放しに行った…

  2. […] 簡単ボールを上から叩く方法 […]