クロスバンカーでも威力を発揮

ゴミ箱に丸めたゴミを投げ入れる!

アプローチの距離感を思い出しだんだんエスカレート、ゴミをたくさん持ってくる。

遠くに離れると届かない。ティッシュは硬く小さく丸めることで解決!

そこへ妻登場!部屋は散らかり放題!変な目で見られた”けん”です。

ちなみに・・・哀れな目・・・やめてくれ!ゴルフの練習をしてただけ!

”けん”です。本日お話しする「クロスバンカーからも威力を発揮」するショット、これは以前は、飛距離アップのためにお話した事なんですが、実はそれだけではないんです。

クロスバンカーでも威力を発揮

クロスバンカーからダフってバンカーからやっと出たとか淵にあたりまたバンカーなんて良くあることですよね。

一発で脱出したい!平均点以上のクロスバンカーからの脱出をしたい方はチャレンジしてみてください

もちろん練習場で練習してからにしてくださいね。ではやり方です。

まず、ボールと目の間隔を大切にすること。これはバンカーショットの場合、特に気をつけて欲しいことです。小手先でダフリを防止したり、ひざの高さなどを気にするよりも、ボールと目の間隔を意識した方が確実にダフリ防止になります。

次に、ヒール側にボールをセットすることです。これにより球のつかまりが良くなります。以前、トウダウンの解説のときにお話した事です。

最後に、左肘を伸ばしボールの先10センチまでは低く長いインパクトゾーンを作ってあげることです。打った後左肘を伸ばしておく事が、方向性と飛距離に影響してきます。大きなフィニッシュになるからです。

そしてこの打ち方はみなさんが普段意識して練習するだけでできるようになるんです。わざわざバンカーから練習する必要がないんです。人工芝の上からでも練習すれば必ず上手くなる方法なんです。

”けん”的に打てるようになったなと思った瞬間があります。おそらくみなさんもそうなると思いますが、左右の内側の手首(手のひらから10センチ程度肘よりのところ)がインパクト後左腰のくらいの位置で”パン”とあたる音が聞こえる感じがします。

みなさんも今やってみてください。何も持たないでグリップを作ります。そこでインパクト後左腰の位置くらいで右腕が左腕も追い越します。左肘を伸ばしていますから右手首と左手首が 「X」クロスすると思います。その時に音が出るはずです。音が出るときは脇もしまっているようです。お試しあれ

しかし、打てるようになると・・・・あまりのうれしさで・・・

肘痛注意です!( ^-^)_θ お大事に

ご利用は計画的に!また副産物としてインパクト後の左肘の抜けがなくなります。良いことばかりなんです。

クロスバンカーからも上手く脱出できます。しかも距離だってしっかりと稼げますので、まだ練習していない方は本日から特訓してください。以前より+72ゴルフブログを見ていただいている方はもっと磨きをかけてください。普段のショットでも効果的です。

ではまた

アイアンの選び方って?アイアン選びのポイントについて徹底解説。飛距離が欲しい、弾道を高くしたい、もっと方向性を上げたい、右に飛び出しやすい、ライ角の選び方、ロフト角度、シャフトなどアイアンを選ぶときに参考にしてください。

シェアする

フォローする