聞くアドバイスと聞かないアドバイス

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「聞くアドバイスと聞かないアドバイス」です。ゴルフに行く前は、いろんなことを考えているものです。それをどれだけ実際に行なうことができるかは別として頭を働かせてラウンドを想定したイメージトレーニングはとてもいいことです。

何度もラウンドできるわけではないですし、その場に立ったときに舞い上がってしまうこともありますから、最初からすべきことを決めておくことはオートマティックで成功する確率が高い方を採用しているはずですから納得できます。

イメージトレーニングの段階から冒険することはないと思いますが、自分自身を奮い立たせるために池越えに挑戦したりする場合もあるでしょう(頭の中で)。それもありですよ。ただ、あくまでもイメージトレーニングの段階です。ゴルフ場に行けば、頭の中では吹いていなかった風が吹いていたり、手のかじかみもないわけです。前のホールのミスを引きずる気持ちもありません。

そのような当然あるに決まっている要因もイメージトレーニングに取り入れることが出来ればもっとリアルなトレーニングになると思います。できるだけたくさんの障害を自分に課すことで浮き足立たないラウンドをしたいものです。

1番ホールはアイアンでティーショット!5番ホールは飛距離よりもOBしないことに気をつける!とか決めてラウンドしてもその場の雰囲気にのまれてしまい、変更することは出来るだけ避けたいものです。アゲンストの風が強いときにアイアンからドライバーに変えることもあると思います。状況に応じて変更を加えることは構いません。

しかし、「ここでアイアンかよ!」とか「ドライバーじゃないの?」とか外野のヤジとも取れる言葉に惑わされて攻め方を変更することはよくありません。「そうだよな、ここはドライバーだよな」なんて自分が決めていたことが揺らいでしまっては元も子もありません。

自分で決めたことです。誰から何と言われようとも実行する心の強さがあれば、スコアは必ず良くなっていくものです。それでダメだったとしても、ミスを繰り返さないために、また別のプランを考えることができるのです。この繰り返しでゴルフって強くなる気がします

話は変わって・・・

野球のバッテリーですが、ピッチャーのコントロールがよければ、キャッチャーとしてとてもリードしやすいものです。それでもコントロールミスはつきものです。どんなに考え抜いて組み立てたプランで攻めたとしても、インコースを要求してアウトコースに外れたり、1球外したいのにたまたまストライクゾーンに来たりすると、考え抜いたプランはそこで終わります。

だからといってやめることはできません。その場合、バッターの立場から考えなければなりません。インコースを攻めたあとアウトコース低めで仕留めるとプランを立てたとします。

実際は、インコースの要求はアウトコースに外れてしまった場合、次のボールはアウトコース低めではいけないのは分かるはずです。ミスをした後は、そこから別のプランを組み立てなおさなければいけないことになります。

ゴルフでも同じです。ミスショットをした後に、元のプランを進めることはドツボに陥る最大のミスにつながります。ドライバーでティーショットしたけど右にふけてしまい、ボールの場所に行ってみると前には大きく聳え立つ木があり、ピンをまともに狙えないときってありますよね。

そんなときは、右からフックで、左からスライスで攻めることもあるでしょう。しかし、基本は元のルートに戻すことがミスを広げない最大の作戦になります。1つのミスを取り戻そうとして取り返しのつかないミスを連発してしまうことはよくあることです。

結果的にその後は舞い上がってしまい集中力も切れてメチャクチャなスコアになってしまうこともよくあります。現実的に同伴者が右のラフに行ってしまい目の前に木あるときってよく見かける場面です。私たちは当事者ではありませんので「出せばいいのに」と冷静に考えることが出来ますが、当事者であるその人は、大抵の場合、グリーンを狙っていきます。

ラフですし、どんなにフック・スライスをかけようとしてもボールに思ったようなサイドスピンを掛けることが出来ないことが多いです。そのため、ボールは右に左に真っ直ぐに飛んでしまいますし、ラフで程よくティーアップされているような感じで、しかも普段よりも力強いスイングを行ないますのでフライヤーまでかかってOBゾーンへ一直線。

これが現実なんです。

もっと現実的に捉えるのであれば、もともとあんなに右サイドにティーショットを打ってしまう時点でそこからインテンショナルショットを打つ技術は持っていないと考えるのが普通です。

それでも同伴者としてアドバイスはできません。友達同士のラウンドでアドバイスもありだったとしても、そんな状況の中で聞いてくれるとは考えられません。

・・・なのに、朝一のティーショット。”外野のアドバイス”は・・・

しっかりと聞きますから不思議です

ちなみにアドバイスはペナですよ。

ではまた

シェアする

フォローする