壁!とりあえずベストスコア

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「壁!とりあえずベストスコア」です。ゴルフの目標を聞かれると「次のラウンドではベストスコアを出したいなぁ」ということが、決まり文句になっています。

ある程度、ゴルフ経験の豊富な人にとってはベストスコアの更新は何年も前、場合によっては何十年も昔のお話になりますので、「そんなことがあったなぁ」程度の記憶になることもあるでしょう。

ゴルフを始めたときはラウンドするたびにスコアを更新することは当たり前のことですし、そうでなければやってられません。しかし、あるところで大きな壁にぶつかることになります。

100の壁、90の壁、80の壁などが一般的に知られています。当然、”けん”も壁があったわけで、120の壁でしたヽ(‘Д`;)丿。最初にラウンドしたときのスコアは142。特に悪いとも思わなかったのです。今後このスコアを”上回る”ことはないだろうと思っていたのですが、ワーストスコア144打をたたき出してしまったのです。

パー72、144というスコアは、72オーバーです。そこから+72ゴルフブログとなっています。決して72個のゴルフレッスンが書いてあるわけではありません。”けん”のまわりにはたくさんのシングルプレーヤーがいます。現在のような生ぬるいハンディキャップ制度が始まる前からシングルになっている人たちばかりですのでゴルフの勝負強さは半端ではありません。

その人たちに聞いても”けん”の142という初ラウンドのスコアは上出来だ!と言ってくれます。「オレは160台」「オレなんて180台だぞ」なんて話になり盛り上がるんです。決して最初から上手かったわけではないことにホッとします。

みんなが、ドライバーの飛距離の競演をしているときに別のゴルフをしなければならないのです。それも目標を失うことなく行なわなければなりません。誘惑に負けず自分のゴルフに徹することが大切です。

「100の壁、90の壁、80の壁」

これは決して越えられない壁でしょうか?選ばれた人だけが越えることのできる壁でしょうか?”けん”はそうは思いません。そのことに対してどれだけの行動を起こしているかを考えてみてください。今現在、おそらく何も変わっていないのが分かるはずです。目標に対する努力をしていないことになります。

ダイエットだって同じです。痩せたければ、食べることを制限しなければなりません。糖尿病になると、かなりの食事療法と適度な運動をさせられます。病院の先生には、ダイエットするにはこれ以外ない、と言われます。マグロの刺身は何切れ、ご飯はこれくらいなど事細かに書かれた管理表を渡されるわけです。食べるから太る、運動しないから痩せられないんです。

自分がこうなりたい!と思うのであれば、やりたいことも我慢しなければならないときだってあるんです。みんなが遊んでいるときに素振りをしたり、レンジで1球でも多く打つことだってそうでしょう。ラウンドでも同じく飛ばしたいときでも我慢することもあるです。笑われてもです。

今までと何も変化のないところに大きな変化(ベストスコア)はやってこないのです。変わりたいのであれば、何かを犠牲にすることも必要になるんです。今までといっしょのことが一番居心地の良いことは誰でも分かります。

「ベストスコアを出すためには」

おそらくみなさん分かっているんです。それを実行に移していないだけです。そこから抜け出さなければいけない時期に来ているかもしれません。重い腰を上げそろそろ動き出してみましょう。

ではまた

シェアする

フォローする