大叩きからの脱出

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「大叩きからの脱出」です。

大叩きすることは初心者ゴルファーに限らず時々あるものです。そんなときは誰もが頭の中が真っ白になり、何をどうしていいか分からなくなります。このような状況の中ではこうする!という決まり事をしておけば気分的にも十分楽になります。

とくに難しいティーショットの場面で、OBが気になったら自分自身の決まり事のことを思い出せば、意外に克服できたりするかもしれません。

大叩き!そこから抜け出すためのゴルフレッスンは世の中にたくさんあります。実際にそれを試してみて上手くいく確率はかなり低いと思います。

大叩きする最大の原因は、ティーショットのOBです。(もちろんバンカーから脱出できないなどありますが、ここではティーショットに焦点を絞って話を進めていきます。)

一般的によく使われる方法ですが、・・・

OBを打った後の暫定球を打つ時に、別のクラブ、たとえばアイアンやフェアウェイウッドで行うということです。これでうまくいく人もいますが、実際は上手くいかな人の方が多いと思います。

上手くいかない理由は簡単。ロングアイアンやフェアウェイウッド、ユーティリティなどでティーショットの練習をしていないからです。普段フェードしたりスライスしたりするクラブが、ティーアップすることでつかまりがよくなり、予想もしないミスになるからです。

また、ルーティンを意識することもよく言われます。OBを打った時に普段のルーティンと違っていたため、スイングリズムが狂ってしまった、そんな理由です。ただ、余程機械的に行わない限りそんなこと覚えていませんし、同じミスを繰り返す羽目になってしまいます。これで大叩きすることがあります。

ドライバーを短く握ることもよく使われますが、これはかなり良い方法だと思います。ただし、これも練習場で練習しておかなければいけません。長く握ったときと短く握ったときに球筋が変わることは十分考えられます。

お勧めはドライバーの直ドラです。アベレージゴルファーにもお勧めできます。格好が悪くたってスイングが固まっていれば尚更良いと思います。

ドライバーを直ドラで打ったことがある方は経験があると思いますが、つかまりが悪くなりスライスします。ただしこれも使い様。スライスしかしないと分かっていれば、コースマネジメントとして十分使えます。

でも「ダフりしそうで怖い」って方!

トップ・ダフリでも十分コース上にボールが残るので、それもミスの許容範囲内です。

それでも練習場で直ドラの練習をしておかないとむずかしいでしょう。とくに最近のドライバーは大型ヘッドですので、直ドラに向かないことも予想できます。練習場で直ドラが打てたという方は試す価値ありですね。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする