パーフェクトショット

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「パーフェクトショット」です。ゴルフにミスはツキモノです。というか、ゴルフのショットのほとんどがミスショットだといっていいと思います。それは・・・

初心者ゴルファーだから

アベレージゴルファーだから

シングルプレーヤーだから

プロゴルファーだから

という問題ではありません。それぞれのレベルでミスは起きているわけです。

どんなゴルファーもミスするぞ!

初心者ゴルファーからするとアベレージゴルファーやシングルプレーヤーだって、ほとんどミスをしないゴルファーに見えるものです。しかし、実際にアベレージ・シングルプレーにとってほぼすべてのショットにおいてミスショットだと思っているはずです。

ここでパーフェクトのショットを打ったとします。パー3のティーショットで1メートルにつけるナイスショットだったとしても、パーフェクトと思えないものなのです。

イージーバーディーとはいかないな!」と思うはずです。グリーンに上がってもパッティングが気になり、グリーンのアンジュレーションが気になるものです。こう思うはずです・・・

もっと寄ればよかったのに

50センチくらいに寄らないと、「OKバーディー」が取れないよ!と考えるものです。それに周りの「決めて当たり前だろう」という雰囲気も気になるものです。ここで外したらはずかしい、馬鹿にされる!注目されている!と考えると、たった50センチのパッティングでも気になります。

できたら、「真っ直ぐのラインならいいのに!」とか「少し下ってるよな」と50センチとはいっても気が抜けないと自分自身をネガティブな方向へ向かわせてしまうものです。

パーフェクトショットって!?

ではパーフェクトショットってどんなショットなのでしょう。カップに直接入るショットがパーフェクトショットなのかというとそうとも思えませんよね。ピンがなければ、ピンに当たらなければどこまでいったのだろう!なんて考えてしまうのが私たちです。

その点、”けん”が今まで見たことのあるパーフェクトショットは、同伴者がパー3で、バックスピンでホールインワンというものです。これなら何となくパーフェクトっぽい感じになりますよね。このようなことは稀です。

どんな素晴らしいショットやティーショットを打ったとしても完璧なショットと感じることは出来ないものなのです。それは向上心から「もっとできる」と思う気持ちであったり、ティーショットでせっかくここまできたのなら、もっといいライに止まればよかったのに!と”ないものねだり”も甚だしいわけです。

パーフェクトショットは結果として後で決まるものなのです。次のショットにつながればその前のショットはパーフェクトショットと思えるものなのです。「あのショットがバーディーにつながった」と後付けなんです。

そう考えると「今から打つショットは後につながるショット」と思えるはずです。

1ショットごとに考えがちなゴルフですが、18ホールすべてにおいて流れをしっかりと見極めることで1つ2つ悪いショットがあったとしても取り返すこともできると考えることでスコアはグッとよくなると思いますよ。

ではまた

コメント

  1. へたれ より:

    お疲れ様です(^ー^)

    本日ラウンドしてきてOUT51(19)、IN46(14)の97で無事100切り達成しましたv(=∩_∩=)

    今までの目標が「半年で100切り」でしたので、4ヶ月目で達成できてうれしく思います(^ー^)

    ただ、ショットの内容は良くなく・・・・・・「素振り用」と、「本番用」の2種類の振りをしている感じでした。練習で出来ることが本番でできない・・・・・・・・まだまだ身についていないということを痛感しました。パーフェクトといえるショットも皆無で、ただ前に飛ばすだけのショットがほとんどでした。それがホントに悔しいです。もっともっと練習頑張ります。

    長文になってしまい申し訳ないですm(__)m

  2. けん より:

    へたれ さん

    おめでとうございます。97ですか!良かったですね。私もうれしいです。パッティングINの14は良い感じですね。

    ショットは上手くいかないなかったようですが、ゴルフはショットがすべてではありません。ショットに好不調はありますが、ショートゲームにはショットほど波はありません。

    ショットとかみ合えば信じられないスコアが出るはずです。
    応援しています。