雨の日こそゆっくりプレーする

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「雨の日こそゆっくりプレーする」です。梅雨に入り、ゴルファーとしては嫌な季節になってきました。雨に濡れながらのプレーは集中力が散漫になりがちでベストスコアを目指すためにコースに来ているにもかかわらず思い通りのプレーができないのです。

雨の日こそゆっくりプレーする

個人的には雨・風のゴルフはたいへんですが得意なほうです。雨の日こそゆっくりとプレーすることを心がけるようにしています。

晴れの日は

  • ボールの後ろから目標を決める
  • 素振りをする
  • 目標を確認しながらボールに向かう
  • アドレスを取る
  • 目標を再度確認する
  • ボールを打つ

このような手順でプレーすることが一般的だと思います。

雨の日は

  • グリップを拭く
  • ボールの後ろから目標を決める
  • 傘をたたむ
  • グリップが滑らないくらいの素振りを確認する
  • 目標を確認しながらボールに向かう
  • アドレスを取る
  • 目標を再度確認する
  • ボールを打つ
  • 傘を差す
  • クラブのグリップを拭く、もしくは拭いてもらう

などでしょうか。

雨の日はいらない作業が増える

雨の日になると晴れの日に比べて作業が増えます。これだけ作業が増えているにもかかわらず、ショットにかかる時間は、同じかそれ以下になっているはずです。雨の日はプレーが早くなってしまう傾向があります。

ラウンド前にもレインウェアを着たり、手袋をたくさん用意したり、タオルを用意したりと晴れの日ならしないようなことも行なわなければなりません。

またカジュアルウォーターや修理地などの対処もあったりして必要以上に濡れてしまいます。どこに置いたって同じだということで何もしないと結果的にミスショットする確率は高くなります。

雨の日はゆっくりプレーしよう

みなさんはゆっくりとプレーすることを心がけてください。スロープレーはいけませんが、同伴者がプレーしているときに出来ることを片付けておけば、実際にボールを打つ時はそれなりの時間を使うことができます。

グリーンだって遅くなるわけですから、パッティングに集中して距離感を出していきましょう。

しばらくすると同伴者がズルズルと勝手に崩れていくことが分かるはずです。これまでのテンポを変えることなくプレーしたいですね。

いつも口でやられているのであれば、とどめを刺すために・・・

「いつも傘で素振りしているのに雨の日は苦手なの?」というともっとイラッとしてくれるでしょう。

同伴者のスコア崩壊がみなさんのモチベーションを上げる最大のポイントです。最初から自分のモチベーションを上げたいときは新しいレインウェアを購入するという手もあります。高いものはやっぱりいいです。

もしもニギっているのであれば・・・

ホールアウト後、購入すれば同伴者の反感を買うことは間違いないでしょう。

「これ、この前買ってもらったヤツだよ」

と思い出させれば、次回もまたやってくれると思います。

手袋を4~5枚買ってみせましょう。

ではまた

シェアする

フォローする