スコアこそライバルを黙らせる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「スコアこそライバルを黙らせる」です。コンペだったり友達とのラウンドだったりすると飛距離を争ってみたり、ニヤピンを争ってみたり、インやアウトで良かった悪かったと一喜一憂してみたり、ハンディを駆使して勝った負けたと言ってみたり。

確かに楽しいのですが、それでいいのでしょうか。ゴルフはスコアを争うスポーツです。300ヤード飛んでも、パー3で30センチにつけても最終的には1打でも少なく18ホールをラウンドする人こそ、ゴルフの強い人なのです。

ちょっとした誘惑に負けてしまい、ドライバーでマン振りすることもありますし、ハンディ的にまだ余裕があるからといって一か八かのショットを打つこともあるでしょう。これからはスコアに絞った戦いをすることをおススメします。

どうすればスコアアップに繋がるショットになるのか、常に頭に思い浮かべながら練習することも大切です。

他の人より飛距離が出るからといって、ドライバーやアイアンの飛距離で勝った気でいても、所詮、「負け犬の遠吠え」になる時期がきっと来ます。ゴルフはスコアこそライバルを黙らせる唯一の数値なのです。

コンペのとき、ドラコンやニヤピンを取った人よりも、ベスグロを取った人のほうが尊敬の眼差しを受けることはみなさんもご存知のはずです。100、90打ってドラコン、ニヤピンをとっても、まぐれ当たりとしか周りの人は思っていません。

スコアが良く、ラウンドの中でドラコン・ニヤピンを取れたとして、初めて「あの人飛ばし屋なんだなぁ」とか「ゴルフ上手いんだなぁ」って話になるんです。

ホームコースのオープンコンペに出場することがあります。本来はプライベートのラウンドのはずなのですが、オープンコンペに参加しないと予約が取れないとか、「数百円で参加できますのでお願いします。」などといったことが多くあります。

自由がきくのがホームコースのラウンドです。オープンコンペはフロントティーを使いますが、私たちはバックティーでラウンドします(良いことではありませんが・・・)。それでもニヤピン・ドラコンも取れるときがありますし、もちろんベスグロはもぎとる軍団です。

好成績を叩き出すためには、ドラコンホールなどの誘惑に負けない強い精神力が無ければいけません。グリーンエッジからパターで狙えるならどんなに周りから非難を受けようともパターで寄せることに集中しなければなりませんし、ドライバーショットが突き抜けそうな気がするのであれば、アイアンに持ち替えなければならないのです。

実際にドライバーショットが突き抜けてOBになったら、「突き抜けちゃったよ~」と飛びすぎ自慢をするヤツもいますが、スコア重視の人たちにとっては、これほど甘っちょろい考えのゴルファーには一生負けることはないなと安心するものです

みなさんもそろそろスコア重視のラウンドスタイルに変えてみてはいかがでしょうか。甘っちょろい考えは捨てて本気でスコアアップのための練習やラウンドをしてみませんか。

スコアアップを熱望すればラウンドでやって良いことと悪いことの分別がついてきます。それを実行できるかは強い精神力しだいです。

ではまた

シェアする

フォローする