スコアカードの書き方/ティショット編

”けん”です。みなさんのスコアカードはどのように書いていますか?本日からとっておきのスコアカードの書き方をお伝えしたいと思います。数回に分けて説明したいと考えています。多分とても内容の濃い話になると思います。期待しないでね。

ここで注意!現在、ゴルフをはじめる、とか、はじめたばかりという初心者の方には、ぜひスコアカードを捨てないようにしてもらいたいです。”けん”もいくつか失くしたものがあります、残念でなりません。

スコアカードで・・・

自分自身の認めたくない弱点がしっかりとわかってしまいます(;´д`)。

一般的な書き方はこちらです(横書きにしました)

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par 4 4 4 3 5 4 3 4 5
Score 5 3 4 2 5 2 3 1 5 2 6 2 4 2 5 3 5 2

このように向かって左側の色にホールのスコア色にパターを書くのが一般的ですね。

パターを書くことはとても大切なことです。必ず書くようにしてください。初心者の方はパター数どころではないと思いますが、のちのちとてもいい思い出になりますから書いておいたほうがいいです。

オーバー数で書いている方もいらっしゃいますが、ハンディを取得しているとか今後ハンディを取得したい方、競技ゴルフに参加する方はトータル数で書くことになれていたほうがいいでしょう。ニギリ重視の方も(^m^)

また、日付や気象条件、風向きなども書くように心がけましょう。データがどんどん蓄積されますので、どんな日に悪いスコアがでるのか事前に予測できるようになります。特にホームコースでは有効です。

Hole ★1▲
Par ★4▲
Score
5

3

スコア関係だけに絞ってお話します。ニギリを加えるとスコアカードが真っ黒になりますので書きません(^m^)よ

本日は-Holeの部分解説-”けん”直伝!

Holeの★印には【↓】の矢印。風向きを書いています。【↓】の場合アゲンストです。斜め右から来ているときもありますのでそのへんは臨機応変に書いてください。ホームコースでは方角がつかめると思います。これが仮に北からの風だとすると、次のホールは西風だ!という具合に次のホールのために行なったり、2ラウンドや1.5ラウンドするときにとても役に立ちます。また、ヤフーなどの気象状況でラウンド時の風向きが時間でわかるので確認して家を出るようにしています。

”けん”が利用しているサイトはE*GOLFさんの天気予報です。
URL:http://wa2.e-golf.co.jp/weather/
こちらのサイトをずっと使っていますので使いやすいです。ゴルフ場ごとに天気と風向きが短時間ごとにしっかりと載っているので便利です。みなさんも使ってみてください。

Holeの▲印にはティーショットを何のクラブで打ったのか書きます。この場合【d】とするとドライバーです。パー4を書いていますのでそうなってしまいますが、フロントティからラウンドしたり、フルバックからラウンドしたりすると番手が違う場合がありますし、パー3の時には次回のラウンド時に有効になります。その場合、しっかりとピン位置も大体でいいので書いておくと一段と正確さを増しますよ。

また、【d】を丸印で囲めばフェアウェイ!ショートホールの場合【7】7番アイアンで打って丸印であればパーオンしたという具合です。ちなみに”けん”は小さく書きます。

【db】と書いているときはティーショットがバンカーにつかまった。
【dr】と書いているときはラフ。
【do】と書いているときはティーショットがOBだった。
【do2】これはわかりますよね。OB2回打った(;´д`)です。

などです。自分の書き方でいいので工夫してみてください。”けん”は【fdr】なんて書きます。理解できますか!?

これはドライバーでフック【f】してラフ!こんなして書いてます。

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. スコアカードの書き方/パッティング編 - ゴルフレッスン +72ゴルフブログ より:

    […] 【スコアカードの書き方/ティーショット編】 […]

  2. […] 【スコアカードの書き方/ティーショット編】 【スコアカードの書き方/セカンドショット編】(グリーンを狙うショット) 【スコアカードの書き方/アプローチ編】 […]