自信だけでゴルフが変わる

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「自信だけでゴルフが変わる」です。

初心者でラウンド数がまだ少ない時、次のラウンドは当然、ベストスコアでラウンドできると確信しています。その後、ラウンドを重ね次第に停滞時期に入ってからベストスコアが出たときは、「もう二度とこのようなラウンドはできないかも!?」と思うときがあるものです。

ところが、そんな気持ちと裏腹に、次のラウンドでは、明らかに楽にパーセーブ出来たり、ベストスコアまではいかないまでもそれに近いスコアでラウンドできたりします。前回よりもボールが飛んだわけでもないし、内容的にも盛り上がりに欠けるラウンドだったとしても結果は上々のスコアなのです。

目には見えませんが、明らかに何か変化している自分がいて、それを冷静に受け止める自分がいるのです。決して、ベストスコアでラウンドしたあの熱い気持ちとは違う良い意味で”白けた自分”なのです。

あれだけ叩きのめされたホールも、苦労して引き寄せたパーも難なくクリアしてしまいます。自分の中で何が変化しているのか、それには気づきません。

最近、変わったとすれば、前回ベストスコアが久々に出たくらいなもので、ただそれだけでゴルフの内容的にもスライスしたりフックしたりして替わり映えしないラウンド。それなのにスコアは上々なのです。

ベストスコアを出したという、紛れもない事実が自信につながっているからにほかなりません。自信を持つだけでプレー内容は一変するものです。

自信をつけるためには、いくつかの方法があるでしょう。

■ベストスコアをたたき出すなど結果で自信がつく。

■ネガティブですが、自分のできる範囲をしっかりと把握しプレーすると後に自信がつく。

■練習量からの自信。

などたくさんあるはずです。

たとえば二つめの「自分のできる範囲をしっかりと把握する」ですが、「今日はパッティングでショートしない」とか「アプローチは転がす」、「ルーティンを大切にする」、「他人のプレーを褒める」、「自分に怒らない・カッとしない」など、小さな目標で良いのです。クリアすることが大切です。

これは、結果ではなく、行動ですから、誰でもできることなのです。たとえば、普段はルーティンを適当に済ませている人にとって、しっかりと決めたルーティンを行なった場合にいつもとどこか違う部分が何となくでも理解できるはずです。自分で決めたことを機械的に行うことができれば、緊張した場面も意外にあっさりと切り抜けたりできるものです。

一時的な開眼もある意味、自信の源です。この一時的な開眼を胸に、ラウンドしますが、上手くいくと「間違いなかった!」ということでいっそう自信のスイング・ラウンドになります。この開眼の技術が一般的なゴルファーから見て間違っていたとしても、本人が1つも疑っていないのであれば、心のよりどころになります。

一時的な開眼が、良い悪いは別として、本人の自信になっていることは間違いありませんし、それを自分の武器にしなければ、ゴルフのラウンドなど、恐ろしくてできないと思います。失敗しても次のラウンドまでに別の開眼を手に入れてゴルフ場へ向かうのです。(開眼は学生時代のテストの一夜漬けに似ています。しばらくは効果がありますが、永遠に続くものではありません。)

無理やり自分の持っているもの・潜在能力を引き出すためには、上級者とのラウンドもかなり効果があります。恥ずかしいことができず、よそよそしいゴルフになりますが、無理をしないゴルフで、しかも集中力が切れにくいです。結果的に上級者に引っ張られてスコアも良くなる場合が多いです。

上級者とラウンドして、すべてが上手くいかなくても、インやアウトで思いのほか好スコアでラウンドできた、なんてこともよくあることです。ハーフ30台なんてこんな時に出るのではないでしょうか。それが自信になり、数ラウンドに一度、ハーフ30台が出始めたりするものです。

今、持っている力を生かしてプレーすること。ここでいう”持っている力”とはパワーではないことは、みなさんはお気づきですよね。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする