ミスを引きずらない方法

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ミスを引きずらない方法」です。ミスするとどうしても引きずってしまいいつまでもそこから抜け出せないことってありますよね。

ミスを引きずらない方法

朝一のティーショットでスライスを気にしすぎて引っかけ。左サイドのラフからのセカンドはショートして深いラフ。辛うじて3オンして2パットのボギー。

「スタートホールからボギーか」と嘆き節。2番ホールで挽回しようと躍起になります。

2番ホール、右ドッグレッグのティーショット。持ち球もコースなりだしショートカットを狙いますが・・・無情にも超えることができず谷底へOB。

プレイング4から乗せて辛うじて2パットでダブルボギー。挽回するはずがスコアを落とすことになります。こうなると流れは止まりません。

ミスしたことを次のホールに持ち込まないことが大切といいますが、それは分かってるのです。言うのは簡単ですがなかなか気持ちを整理することができません。

このような場合、タイガー・ウッズであれば、怒りを表しその場で気持ちを断ち切り今のプレーを忘れるという”高度な気持ちの入れ替え”をしますが、私たちがそれをすると同伴者やキャディさんが興ざめして今後、ラウンドに誘われないこともありえます。

これはあまりお勧めできない方法ですし、実際怒ってそのあと気持ちを入れ替えることができたかというとそんなことはありません。気まずさだけが際立ったラウンドになります。

昔からミスしたことは引きずらないと言われていますが、これは解決策ではありません。ところが解決する方法はみなさんの中にすでに備わっています!?

昼食のあと、別人のようにスコアが良くなることがあります。これも一つのミスを忘れることかもしれません。ラウンドの途中から突然スコアが良くなり、最終的にはいつものスコアになることもあるでしょう。

悪いスコアを受け入れた上でラウンドしています。この時点になると気持ちの整理がついていますよね。みなさんもあるでしょ!もともと備わっているものです。

ポイントは・・・

欲を捨てること、諦めること!?

短時間で気持ちを整理するために、いい意味で欲を捨てること、諦めることができたら、ミスを引きずることは少なくなるはずです。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする