ミスの上塗りを止める

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ミスの上塗りを止める」です。1度のミスを取り戻そうとしてミスを繰り返してしまう事ってありますよね。

ミスの上塗りを止める

たとえば、ティーショットが上手くいって、セカンド地点のライも絶好のポジション。そんなところからトップしてしまい、ボールはグリーン周りのラフに入る。アプローチはそれほど難しくなくのに、そこからダフってしまう。

ティーショットを左に引っ張り、ミスをしてダブルボギー。次のホールは左が気になり右に打ったけど、「普段、こんなところから打ったことないぞ!」というところからのセカンドショットは距離が半端なく残って、結果ボギー。

5メートルの上りのパット。強く打つことを考えていたのに、打てなくて1メートルも残してしまう。1パット目のこともあり、少しパンチが入った2パット目は50センチオーバーで下りのラインを残す。下りのパットを上手く打てず、結果4パット。

よくやってしまう光景です。

ミスをしたときに、気持ちの切り替えができないままに、プレーに入ってしまうと、どうしても前のミスを引きずってしまうものです。取り戻そうとする気持ちになることもありますし、同じミスを繰り返さないようにしたつもりが、墓穴を掘ることにつながることもあります。

18ホール中、ミスをしないなんてことは、どんなゴルファーでもあり得ないわけですし、たった一度のミスがすべてのことにつながるわけでもありません。「たったの1度だけ、右に飛んだから左を狙う」とすると、これまでのすべての練習が水の泡です。

ミスをしてしまったときは、頭の中を切り替える必要があります。とくにやってはいけないスイングをしたなど原因がハッキリしない限り、スイングを変える必要はないと思います。景色を眺めたり、雑談したり、気持ちを落ち着かせリフレッシュしたいものです。

ティーショットでミスした場合、セカンドショットで乗せることができれば、ミスは帳消しです。それができなかったとき、アプローチで寄せれば良いのです。アプローチが寄らなかったら、ワンパットでホールアウトすることだってあり得ます。ティーショットのミスは、そのホールだけでも3度も取り返すチャンスがあるわけです。

そのように考えると、セカンドショットのミスは、アプローチとパッティングで2度のチャンスが生まれます。

何となく勇気が湧いてきたでしょう!

しかし、決してそのホールだけで取り返そうと考えず、18ホール中の「どこかで取り戻せばいいや」くらいの楽な気持ちでプレーしたいものです。アプローチが4分の1の確率であれば、4ホールで取り戻せばいいのです。

ただ、ミスしたホール以外に・・・

4ホールでアプローチがあるということは・・・

最低4回のミスをしていることになりますので・・・18ホール終了後・・・

あとハーフはラウンドしないとな!((((((((^_^;)

ラウンドが進むにつれ、自信を取り戻して来たら、取り返すチャンスが必ず訪れます。そのときはビシッと決めたいですね。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする