ゴルフは謙虚にゴルフは人を熱くする

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ゴルフは謙虚にゴルフは人を熱くする」です。仕事でも家庭でも友達関係でも私たちは失敗するものです。でも、私たちはそれを反省し戒めることができます。ここまでは誰にでもできることです。

しかしながら、失敗したことに対し、突発的な感情をぶつけてしまうと取り返しのつかないものになる場合もあります。とくにゴルフでは・・・。

ゴルフは紳士のスポーツということがまず頭にあるはずです。先輩や上司から口やかましく言われてきました。それだけにゴルフ場ではとても凛とした感じでプレーをしています。

普段と違うこの気持ちが何とも気持ちいいわけです。そんな気持ちがミスを許さなくしてしまうのです。

営業ゴルフでもいいでしょう。あなたがとても誠意のある社員だと周りから評価されているとします。ある仕事を上司に任され順調にいっています。

「たまにはゴルフでもどうですか」ということで取引先の方とゴルフをするときは気をつけなければなりません。

ゴルフは人を熱くします

周りが見えなくなってしまうのです。みなさんも経験があるのではないでしょうか。ゴルフにいって失敗したときに大声を出したり、キャディさんのせいにしたり、クラブに八つ当たりしてみたり、それで気分が晴れるのかというと、そうでもありません。

自分がミスしたことを何かのせいにし、とっさに責任転換してしまいます。今まで積み重ねてきた仕事の実績も無駄になってしまうこともあるのです。「アイツは嫌いだな」と取引先の方から言われるともう二度と立ち上がることはできません。

ゴルフ場は自然の中に作られています。その中で小さなボールを遠く離れたあの小さな穴に入れるまでのゲームです。ミスはつきものです。

時間だってハーフ2時間近くかかります。込みようによっては半端ない時間をティーングラウンドで過ごすことだってあるのです。待ちくたびれてのミスショットはよくあることです。ただ、この場合、自分だけに降りかかっている災難ではありません

突然の風。前に打った人のときはまったくの無風だったにもかかわらず、自分の番になった途端にアゲンストの風が吹いてくる。もしくはフォローだった風がやんでしまうこともあるでしょう。

しかしこれは自分がそう感じているだけの話で、別のホールは別の人にも起こっている災難なのです。自分だけに降りかかっている災難ではないのです。

しかし、私たちは弱いものです。自分だけに起きていると錯覚してしまうのです。もちろん、そのときは自分だけだったかもしれませんが、私たちが見ていないところでほかの人も災難に合っているはずなのです。今日はそうでなくても明日合うかもしれないのです。

当然ですが、ゴルフは熱くなります。その時の対処次第で評価も変わるといっても過言ではありません。どうすればいいか?

決してゴルフが上手くなることが解決策にはつながらないことを理解しなければなりません。

当然、相手に対して迷惑をかけない程度の腕前は必要になるかもしれませんが、ゴルフが上手い人でも我を忘れて怒りだす人をたくさん見てきました。

「そういう一面があるんだ!」と思われたとすると、きっとその人は、今後のあなたに対してその一面を忘れることはないはずです。ゴルフではたったそれだけのことが命取りなのです。

常に謙虚に

練習してできることではありませんが、怒ったときにスコアカードへチェックマークを入れてください。何度も何度も繰り返し書き込むことが大切です。そうすると自分が情けなくなってくるものです。

チェックマークをつけることで、間接的に自分自身を見つめることができます。チェックマークの数は同伴者があなたをどのように感じているかの指針になります。

チェックマークを数えていると同伴者が怒っていることがとても気になるようになるのです。「自分もあんな感じなのかな!?」と反面教師です。とても嫌気が差してくるものです。

これを続ければ、意外にすんなりと怒りだすことも少なくなるはずです。冷静にゴルフができるようになります。ミスを受け入れることができるようになるのです。ここまでくればチェックを入れることも必要なくなるでしょう。

あなたは・・・

常に謙虚なプレーができるはずです

ではまた

シェアする

フォローする