ラウンド経験差を埋める

ラウンド経験差を埋める

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ラウンド経験差を埋める」です。様々な理由でゴルフができないわけですが、そんな中、気持ちよくラウンドしている人がいます。それもほぼ毎日優雅にゴルフをしている人たち。仕事をスタッフに任せることができるようになった会社経営者の方々が多く、仕事の面でも修羅場をくぐってきているだけにゴルフもそれなりに上手い人たちです。

ラウンド経験の少ない私たちと同じ土俵で戦うとなると、とても手強い相手です。百戦錬磨ですし、キャディさんともコミュニケーションがしっかりとれていて、気持ちの入れ替えもお手のものなのです。

そんな相手と戦うためには何ができるでしょう。

気持ちの切り替えの早さ

気持ちを切り替える早さを身に付けるには、何より経験が必要なのですが、あえてそれができないと仮定するとともにいつでもラウンドできる人たちを「ねたまない」ことを前提に考えてみましょう。

やはり、メンタル面です。自分自身を冷静に分析するは後回しです。そんな時間はありません。練習場で良かったときのショットを思い出すことは同じミスを繰り返すことにつながる場合が多いです。

そんなときは、ドライバーでミスした後は別の攻め方と決めておくことです。たとえば、アイアンやフェアウェイウッド、ユーティリティーなどを持つこともそれにあたりますし、飛距離は出なくてもドライバーで安全に打てる方法を身に付けているのであればそれでもいいのです。

「黙っていてもスライスなら打てる」というのであればそれもありです。自分の逃げ道というか進むべき道を予め用意しておくことが大切です。

クラブが変われば気持ちも切り替わります。それをできるメンタル面が重要です。

また、ショットは常にミスするものと最初から決め付けておくことです。成功すると思っているからミスしたときに気持ちを切り替えなければならなくなります。それならいっそのこと、ミスすると決め付けておくと気持ちも楽になり、それくらいのミスでは動じなくなります。

いわゆる「負けて当たり前」の精神です。

練習場の心得

ラウンドばかりしているゴルファー(ラウンドゴルファー)と打ちっぱなしで練習ばかりしているゴルファー(練習ゴルファー)の違いはどころでしょう。大きな違いがあるはずです。

当然ラウンドゴルファーはラウンド回数が多いのでスコアが安定していることもありますし、グリーン周りが上手いこともあるでしょう。それでは練習ゴルファーの良いところを思い浮かべてみてください。

練習ゴルファーの良いところは、1回のラウンドで吸収する経験値が大きいところです。練習量が多ければそれだけ経験値を入れる器の空き部分が広がります。「こんなときはこうしよう」と考えていたことが現実に起こるとそれが強力にリンクしていくことになるのです。

一度、リンクした経験は無駄にはなりません。次に必ずつながります。また、何も考えていなかった事態が起きたときでも練習量で培ったショットの引き出しにはいつでもリンクできるまだ未開発の技が眠っているはずです。それを使うこともできます。

行けなくても最低限のラウンド数

ゴルフは人数が揃わないとできませんし、一日拘束されてしまうので、人数もなかなか揃うものではありません。しかもこの時期です。雨でもプレーしたい人とそうでない人もいるわけです。

当然、家庭の問題もあるでしょう。「たまの休みにゴルフかい!」 (-_-メ) ということで締められることもあるはずです。ラウンドするにはいくつもの問題をクリアしなければいけないのです。

それでも最低限のラウンド数(できる限りの)はこなさなければいけません。練習してきたことがラウンドで使えるのかどうか、それを確認するためにもとても大切なことです。練習ばかりではできるようになった気分になるものです。そのためにミスしたときにとてつもない不安に苛まれます。

以上です。読んで勇気が湧いてきたら練習場も楽しいものです。

ではまた

シェアする

フォローする