考える暇を与えない

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「考える暇を与えない」です。ゴルフほど終わったことに対してくよくよするスポーツもそうはないと思います。「あのとき、狙えば良かった!」「パターはもっと強く打つべきだった」など細かいことを言い出せばきりがありません。

ゴルフは、自分で決断を下すことの繰り返しで、下した決断はすぐに結果が表れます。どんだ場面でもいくつもの選択肢があるのがゴルフですから、パワーヒッター、非力なゴルファーなど、たくさんの人がゴルフを楽しむことができるわけです。

しかしこの選択肢の多さが、ゴルフを面白くもしますが、むずかしくもしています。下した決断に自信がないときはてき面です。ゴルフには同伴者がいます。悩ませる時間だって十分すぎるほどあります。

また、同伴者のショットが上手くいけばそれも選択肢に加えたりしますし、失敗すれば「えぇ~アゲなの!?」なんて知らなかったほうが良かった情報まで入ってきて頭の中は混乱してしまいます。

”短い時間”で、根拠のない頼りない決定を下し、アドレスに入ります。またそこで今決めたことが、本当に正しいのか不安になり始めます。

迷いがあるとスイングにも現われるものです。「このライ、大丈夫かな」「7番アイアンって飛びすぎでは!?」「これで届くかな!?」など、いろいろ考えている間に・・・

風向きまで変わる始末です。

決して慌てて打つ必要はありません。しかし、決めたことを実行するためには、効率の良い方法ってあるはずです。そのためには・・・

固まらないこと!

ここでいう「固まる」というのは、自分に考える暇を与えないことを意味します。考え事が続くとイップスにもなりかねません。意識して必ず次の動作に移ることが大切です。これがスイングのリズムを生み出します。もし最初につまずいたとしても諦めることなく続けてみてください。

スイングのリズムばかりではなくラウンド全体のリズムも良くなります。ゴルフはやはりルーティンが大切だと分かるはずです。自分がスイングするのではなく自分の体を借りてスイングさせる感じです。

非現実の世界であれば、思い切ったことができますよね。間接的に自分を操ることです。そこには迷いは存在しません。いつもの自分とは少し違う思い切りの良いゴルフができるはずです。

ではまた

シェアする

フォローする