不安はドライバー

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「不安はドライバー」です。ゴルフを始めると目上の人と遊ぶことも増えてきます。とても良いことです。年齢的に全く世代の違う方々と遊ぶことができるゴルフはとても素晴らしいと思います。

ラウンドが決めれば、そのような方と一緒に練習することもあると思います。レベルは違いますが、緊張感も多少あり張合いが出てきます。ただ、気を付けたいことがいくつかあります。その一つに、練習内容にダメ出しされることです。

ドライバーの練習は、そこそこにショートアイアンの練習をするように勧められることがあります。確かにショートアイアンの練習は大切ですが、ショートアイアンの練習がつまらないからドライバーの練習をしているわけではありませんよね。(中にはアイアンの練習がドライバーを打つ時のための肩慣らしになっている人もいますけどね)

ドライバーが不安だから練習しているし、良いスコアでラウンドするためには、ティーショットが重要だと、これまでのラウンドで痛感しているからこそ練習しているはずです。

ティーショットのミスは、致命傷です。

ティーショットのOBは自動的に2打罰となり、打ち直し(暫定球)の時は、必要以上に追いつめられるものです。そのような精神状態で打ち直したとなれば、結果は明白です。

2つ、3つと連続OBしてしまうことは、みなさん経験したことがあるでしょう。その日一日が終了することを意味します。

上記の目上の人とのラウンドでドライバーやミドルアイアンを使うことなくラウンドすることはありませんし、ドライバーをティーショットで使ったとしても「使うな」とは言われないのです。ティーショットでドライバーを使わなかった場合、逆に「何度でドライバーを使わないの!?」みたいな雰囲気になること必死です。

そして、「練習をするな」と言っていた張本人が、ティーショットで苦戦するのです。「もっとドライバーの練習した方がいいんじゃない!」と言ってくれる人がいてもいいと思います。

やはり、ドライバーは練習すべきです。使ったことのないクラブをラウンドで使用することは、新品のクラブをその場で封を切って使うことよりもはるかに難しいと思います。

ドライバーショットが成功すれば、セカンドショットのミスの確率は少なくなります。セカンドショットで力を発揮できるようなティーショットの精度を身につけたいものです。

坂田プロが言われるように、真ん中のクラブを練習することは大変効果があると思います。それが6番アイアンの練習です。これが打てるようになれば、ほかのクラブに波及していくからです。これも一つの練習手段です。

個人的には、ドライバーの練習はたくさんした方が良いと思いますし、そこそこ打てるようになったら、必然的にアイアンやショートゲームに練習の内容がシフトしていくものです。練習時間が比較的取れるゴルファーであれば、すべてのクラブを満遍なく練習することが理想です。

今、必要なクラブを練習することをやめる理由は何もありません。

苦手だから練習する・・・ごく当たり前のことだと思います。

ではまた

シェアする

フォローする