2010マスターズ何と寝坊!

”けん”です。いよいよ2010年マスターズが始まりましたが・・・

寝坊しました。途中から見ました。

録画もしていませんでしたので今夜ダイジェストを見るしかありませんね。昨夜は幼稚園のお父さんたちと飲み会。わが子は卒園しているのですが、お父さん同士のつながりが今も続いています。

昨日は、メンバーの1人が戻ってきたということで集まろうということになりました。1軒目、2軒目・・・3軒目は家に戻りレコードを取りに行くといって(お店でレコードが聞けるので)・・・レコード片手に寝てしまいました。レコードは今でも200枚ほどあると思います。機会があるときにでも紹介したいです。

注目のタイガーウッズ選手は大きな混乱もなくしっかりとしたラウンドで2つをイーグルも取ったみたいです。4アンダーで7位です。

日本人選手は片山選手は出遅れ気味ですが、池田勇太選手は2アンダー(4バーディー、2ボギー)で17位。とても安定して明日からのラウンドも大丈夫そうです。

期待の石川遼選手は出入りの激しいゴルフなのかイーブンパー(5バーディー、5ボギー)32位です。ニュースでは好発進とありますが、5ボギーはいただけない気がします。攻めた結果なのでしょうけどちょっと気になる部分です。1日だけで終わるトーナメントではないので出入りの激しさは大きな失敗につながることもあります。

マスターズになると調子が上がるフレッド・カプルス選手が6アンダーで首位。メジャートーナメントになると上位に食い込んでくるプレーヤーがいますが、その内の1人です。高速グリーンが得意だったり、何より我慢のゴルフができるゴルファーがいつも目立ってくるものです。

現在、上位のトム・ワトソン、リー・ウェストウッド、フィル・ミケルソン、デビッド・トムズ、チェ・キョンジュは常連。チェ・キョンジュ選手はマスターズが得意な気がしてなりません。リー・ウェストウッド選手にはいつも最後の詰めの甘さが目立ちますので今回はどうでしょう。

アーニー・エルス選手は1アンダーですが、ここでじっとしているわけがないので虎視眈々と上位を狙っているのでしょう。明日からのラウンドでスコアを落とす選手を1つずつ片付けていくようなラウンドになると思います。

あと気になる選手はトレバー・イメルマン選手やっぱり得意なのかな。マット・クーチャー選手はマスターズにアマチュアで出場したときを思い出します。大人になったものです。

ではまた

シェアする

フォローする