2010全米オープン初日

いよいよ2010年、全米オープンが始まりました。今回はお馴染みのぺブルビーチで開催されています。ぺブルビーチは断崖絶壁の海に隣接するコースです。世界中のゴルファーが一度は行ってみたいゴルフ場というだけあって素晴らしい景色が広がります。

しかし、全米オープンが開催されると決まると、全米オープン関係者が数年掛けて、コースセッティングを行なうそうです。それだけにいつも全米オープンの開催コースは難しいわけですが、見ているほうは楽しいのです。

注目の石川選手ですが、最近、国内では成績があまり良くないだけに「どうかな」って感じですが、初日はボチボチのラウンドになっているようです。(テレビで観ていた限り)むずかしいコースなだけに石川選手の攻めのゴルフが仇とならなければよいのですが、それでも攻めのゴルフでがんばってほしいところです。

タイガーウッズ選手も目立たないラウンド。ゴルフ外で目立ってしまったのでここではゴルフで目立つプレーをしてほしいです。ここ数年のメジャーでは最終日に「苛立つタイガー」を目にすることが多いです。

自分が一番だ!という気持ちが強いのでしょう。日本人の謙虚さから考えると少し理解しがたい部分です。ぐっと堪えることができる日本人のほうが個人的には好きですが、「それがいけない」なんてことも言われたりします。それでも謙虚なほうがいいと”心の中で”思っています。

アンチタイガーではないのですが・・・

タイガーには負けてほしくないのですが、タイガーが強すぎるのも面白くないというむずかしいところです。これはタイガーウッズの勝ち方に原因があるのかもしれません。安定感の出てきたタイガーに魅力を感じなくなってきたということです。

以前は、アグレッシブで荒々しく、何打差離れていてもタイガーチャージで追いつくかもしれないという攻め方でしたが、もうそれも見れなくなりました。勝ち方を完全に自分のものにしてしまったといった感じです。そうなると面白くないのがファンの心理です。

どんな試合でもその気持ちがほしいのですが、最近のタイガーはメジャーでのみ、その気持ちが少しだけ垣間見えると感じます。それも最終日、早く追いつきたいというときだけです。いつもやっていないことをすることでプレーが噛み合わずイライラタイガーになっている感じです。

以前の攻めまくるタイガーになってほしいところですが、そこは石川選手にバトンタッチしてもらいましょう。

ではまた

シェアする

フォローする