2011マスターズ初日

”けん”です。

2011年、マスターズトーナメントがジョージア州オーガスタで始まりました。

毎年この時期になるとタイガー・ウッズはどうなんだろう!今年は優勝できるのかな?なんてことになっていたわけですが、タイガーもイマイチ調子が戻っていないようなので少しだけ気合の入らないマスターズになっています。

ただ、タイガー自信は調子は良いと言ってるので淡い期待をしています。

初日終わって-1です。

日本人選手は、藤田-2、石川-1、松山イーブン、池田+2となっています。池田選手は昨年は初日が-2だったので少し気になるところです。

それにしても毎年、日本人選手ってテレビをつけるとスコアを崩す気がします。

ロリー・マキロイ選手とアルバロ・キロス選手が-7でトップに立っています。3位タイにY.E.ヤン、チェ・キョンジュ選手の韓国選手。おなじみのキム・キョンテ選手も-2ですから韓国のゴルフが高いレベルにあることが分かります。

ただ、初日は昨年もみんな良かったわけで二日目からむずかしいセッティングになると思います。それにしても今年のマスターズは少しグリーンがやさしい感じがしますね。

2日目楽しみにしてます。

ではまた

シェアする

フォローする