2012年マスターズへの切符

みなさんも記憶に新しいところなので覚えていると思いますが、アマチュアとして今年のマスターズ・トーナメントで日本人として初めてのベストアマチュアに輝いた松山英樹選手が来年のマスターズの切符を獲得しました。

アジアアマチュア選手権で優勝するとマスターズ出場と全英オープン最終予選出場権が、2位になっても全英オープン最終予選出場権が与えられます。

昨年は日本で、今年はシンガポールで開催されました。松山英樹選手は2年連続で優勝したわけで、スコア以上に勝負強さを身に付けているということでしょう。今年のマスターズでの経験が大きな自信になったことは疑う余地もありません。

3日目までトップだったニュージーランドのベン・キャンベル選手はスコアを伸ばすことが出来ず、韓国のリー・スー・ミンとの戦いになりました。見ごたえのある戦いでしたが、結果、松山英樹選手が逆転で勝ちました。

今回はBSで放送があったので観ていたのですが、コースがやさしいわけではないはずですが、アジアのアマチュア選手はピンをバンバン攻めてくるのでプロのトーナメントを見ているよりスカッとしますね。

プロのトーナメントでは生活がかかっているからか、フラストレーションが溜まるような息苦しいプレーが続きますからね。その点、アマチュアのゴルフは気持ち良いくらいにピンにまっしぐらといった感じです。

松山英樹選手には来年のマスターズではもう一度、大活躍して欲しいところです。今年のマスターズは東日本大震災の直後だっただけに松山選手も一度は出場を諦めたわけですが、被災された方々の後押しもあり出場することになりました。

震災後、松山選手の活躍が日本に最初に飛び込んできたビッグニュースになったことは間違いありません。来年もぜひ活躍して欲しいですね。

ではまた