年齢を問わないスポーツ

”けん”です。本日は「年齢を問わないスポーツ」です。ゴルフでは特にこれを感じずにはいられません。ドップリとゴルフにハマっているにもかかわらず、仲間以外にまわりとの接触を嫌う方がいらっしゃいます、勿体ないことです。

接触可能なものにはできるだけ、飛び込んでみてください。きっと得るものがあるはずです。

つい先日、あるパーティーがありました、20歳代~70歳代までたくさんの人が参加していました。”けん”も出席しましたが、とても和やかな雰囲気で楽しかった!これってゴルフ仲間のお祝い事なんです。ビックリします。

先輩方は、ああぁだ、こうぅだとお酒が入ると言いますが、それもまた楽しいわけで、人生の70歳代の方と同じ趣味のことでお話しできることは、”けん”たちにとっても嬉しいことです。

普通考えてみて、一般の70歳代の方とお話しすると話題が無いわけで内容もズレてしまいますが、ゴルフをしているとまったく変わってきます。いまだに飛距離にこだわりを持っていらっしゃいます。昨年までの・・・ティーチングプロに・・・

「頭を動かさない」と言われていたそうですが、別のレッスンを受講されて「頭は動いて当然です。」という言葉に直いっそう練習に励むようになられました。

「やっぱりネッ」だって・・・

三国志の黄忠ではありませんが、老いてますます盛んです

70代の方から”けん”に話しかけてきたり、”けん”から70代の方に話しかけたりと他愛もない話かもしれませんが、普通にそれができますし、話していて楽しいとさえ感じます。もちろん、”けん”ばかりではありません、20歳代の子たちとも対等に(どちらが対等かわかりませんが)話をされます。

”けん”の携帯電話には、たくさんのゴルフ仲間の番号が入っています。もちろん、ゴルフに行くときに誘ったり打ち合わせをするためのものですが、一般的に考えてみて70歳代の方から電話があるはずはありませんよね。

ところが、ゴルフをしていると電話が掛かってきますし、”けん”からも掛けたりします。70歳代の方が携帯電話を持っていること自体ビックリしますが、こうやって”けん”たちから掛けてくるので持たざるを得ないのかもしれません。

大抵の場合、「”けん”くんが来るときには、○○を持ってきて」などで・・・大した話ではありません。それを渡したあとは、「これを入れてくれ」とメモ帳に書いてある電話番号を携帯電話に入れる作業を”けん”が行ないます。

血の繋がりのない歴とした他人です。そんな方々と日ごろよりお付き合いさせてもらっていることがゴルフをしていて良かったと感じます。帰るときは、自家製の漬物などをもらったり、今年はみかんをたくさんもらいました。

仕事上の関係も無く、年齢も大きく違う世代でこれほどお付き合いをさせてもらっていることに最近とても感謝しています。ビックリすることに・・・たまに・・・

数人で旅行に出かけたりもします。

旅館では・・・「お孫さんですか」と尋ねられることも度々です。

そんなとき、ふと、私たちの関係はどんな関係だろう、と考えることがありますが

どう考えても・・・

ただの友達なんですよね。

ではまた

シェアする

フォローする