初心者ゴルファーあるある

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「初心者ゴルファーあるある」です。誰しも初心者の時期はあるわけで、現在、威張っている上司や先輩方も誰しも通った道です。そんな初心者のテッパンのお話です。

1番ホールのグリーンで

朝一の1番ホールのグリーンで目をつむっても入るような距離でも「お先に」とは言わない。同伴者はみなマークが邪魔になると思っている。

大事に行きたい気持ちはわかるが、短いパットでも「1打は1打」という言葉を確実に実践している。

ここまでの経過(大叩き)を見ると外したからといって大したことではない。

初心者ゴルファーあるある

ミスをカバーできるホール

パー5は比較的やさしいホールというのはベテランゴルファーのお話。

初心者ゴルファーも同じくパー5でミスをカバーできると思っている節があるが、パー5では必要とする打数が多い分ミスも多発することを忘れている。

高確率で・・・

二桁スコアになるのが現実。

アプローチって何!?

初ラウンドでは遠くからグリーンに乗せることは至難のわざ。初心者ゴルファーがアプローチの練習をしていなかったことが・・・

「どれで打てばいいですか?」でバレる。

また、初心者ゴルファーはグリーンまでたくさんの打数を費やし、ようやく次の1打でピンに寄せることができる段になって・・・

打つ瞬間にピンを見ることでヘッドアップして・・・

トップ。結果的にこのホールで一番飛ぶショットとなる。

まれにまっすぐ飛ぶときがある

大抵の場合、ティーショットで右にスライスでボールが土手に止まる。そこからのショットはつま先上がりのライで本来ならフックしやすいが”持ち球”のスライスと相殺して・・・

ストレート・・・

・・・(ふう)の球筋になる場合がまれにある。

ではまた

シェアする

フォローする