冬の寒さ対策

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「冬の寒さ対策」です。みなさんの寒さ対策があったら教えてください。

ゴルフは季節によって良いスコアが出る季節と悪い季節があります。体が硬くなる季節。まさに冬の時期は、スコアを出すためにはとてもむずかしい季節になります。

冬場でもゴルフができる地域に住んでいるので恵まれているのかもしれませんが、冬になると「ゴルフお休み宣言」をする人もいます。わざわざ寒いのにゴルフをする意味が分からないと周りを説得してまわりますが、ゴルフバカたちには所詮、負け犬の遠吠えとしか捉えられていません。

無視されます。

それなのに打ちっぱなしで練習することなく、ラウンドしてきた人たちの内容を聞いては批判したり、助言したりするものだから煙たがられてしまっているようです。少しかわいそうな気もします。

冬場は道具にも当然影響します。

ディスタンス系のボールは飛距離が出にくくなります。というよりも飛ばす準備ができていないということが正解かもしれません。完全体ではないとしても準備ができていればそれなりに飛ぶはずです。

寒くて体が回らないから普段のスイングができない、寒いから普段よりも重ね着をしてしまい体が回らない状況を作っているのかもしれません。だからといって重ね着を止めることは、寒さをまともに受けることになります。「そんな薄着で大丈夫なの?」と妻から渡された服は信じられないほどのフカフカセーターだったり。

これは行き帰りに着るヤツですか!それとも嫌がらせですか!と聞き返したくなるほどの代物です。「風邪をひくよりマシでしょ」と言って渡されますが、どう考えても・・・

「負けるよな」(^_^;) と感じてしまいます。

手がかじかみ、思うようなパッティングができないこともありますし、ショットにも影響するでしょう。。ハンドウォーマーといったいわゆる手袋の大きいバージョンもあります。プロもトーナメントで寒いときは活用しているものです。

手を入れているときは暖かいものですが、アマチュアの場合、ショットするときにポケットに入らないし、持っていてくれる人がいないので地面に置くことになりますし、場合によっては自分の順番がすぐにまわってくる人(^m^)にとってはあってないようなものになってしまいます。

やはり重宝するのはカイロ。最近はゴルフ場でカイロを無料で配っているところも多いのでそれを使わせてもらうのですが、1つでは不十分。事前に準備しておきたいものです。左右のポケットに小さなカイロを1つずつ。そして個人的には背中に大き目のものを1つ貼るようにしています。

それから雨が降っていなくてもレインウェアがとても重宝します。また、ハイネックの服装は首元から空気が入らないので薄手だったとしてもかなり寒さを遮断してくれます(最近のゴルフウェアはかなり優れものですので新しいウェアを揃えることも大切)。途中の茶屋ではホットの缶コーヒーやポタージュなどを買ってポケットに忍ばせることもカイロ代りになります。

体は冷えていてもスコアを見れば「カッ」と熱くなるはずですが、悪すぎると・・・

「スーッ」と体の芯から寒くなります。ご注意ください。

ではまた

シェアする

フォローする