F1小林可夢偉に震えた

”けん”です。土曜日から月曜日までの三連休みなさんはどのようにお過ごしでしたか?行楽地や温泉に旅行へ行かれた人も多かったのではないでないでしょうか。たまにはゴルフ抜きのお話です。

F1小林可夢偉に震えた!

日曜日、秋祭りのためF!はビデオに取って後で見ました。ザウバーの小林可夢偉選手に震えるくらいに燃えました!ここ数レースかなり良い成績を収めていたので鈴鹿は期待していたのですが、期待以上の結果でした。

他 のドライバーとは次元の違うドライビングをしている気がします。F1にすっかりハマッたのは中島悟選手でした。そして中島選手引退後、ぽっかりと空いた穴 を埋めてくれたのが佐藤琢磨選手のアグレッシブな走り、そしてまたF1を楽しませてくれたのがこの小林可夢偉選手です。

ホンダ、トヨタの F1撤退にガッカリしていたのですが、今後楽しませてくれるドライバーが日本にも出たということで大変楽しみにしています。タイヤの使い方が上手いといわ れる小林可夢偉選手。来年はブリヂストン撤退からピレリタイヤになるわけで、難しいタイヤ選択や使い方がきっと重要になると思います。それだけに楽しみで す。

秋祭り

個人的にも忙しく、日曜日は子供たちの秋祭りに参加しました。1日中みこしを担いで歩き回り、お祝いをいただくという秋のお祭りで、ここで頂いたお金が子ども会の運営費に当てられることになっています。

みこしは重く子供たちが10人で持っているのですが、いつもの年はすぐにお父さんたちを入れ替わり結局1日中担ぐことになるのですが、今年の子供たちは4分の1くらいの道のりを担いでくれました。とても助かりました。

ま た、お父さん方も14人参加されましたので、毎年参加している私たちとしてはほとんど担ぐことなく歩くことが出来ました。若いお父さん方がいるととても助 かります。歩くだけでも10キロ以上になります。お祝いをもらった個人宅や事業所の前では60キロあるみこしを振り回し、健康を祈願したり、商売繁盛を 祈ったりするのである程度体力が必要です。

何より天気が良くて助かりました。今まで雨になったことはないのですが、中止になると運営費がまったく入らないことになり大変なことになります。今後は雨対策考えておかなければならないでしょう。

体育の日

月 曜日、体育の日は、甥っ子の運動会を見に行きました。私の小学4年生と2年生の子供たちは、甥っ子を弟分としてとてもかわいがります。まだ幼稚園の甥っ子 も来年小学生になります。不安もいっぱいでしたが、運動会でがんばる姿を見ていると大丈夫かな、と期待しているとことです。

この幼稚園は、3歳児から預かることができるようになっています。現在、園には約20人の子供たちがいます。3歳児のクラスは運動会でも特別かわいい存在です。

私の4年生の子供が3歳児クラスのときは、「かけっこ」でゴール手前の入退場門から出て行きそれに吊られて後ろで走っていた子供もついて行き、先生方が慌てて連れ戻したことを昨日のことのように覚えています。

都市部の待機児童の問題もまったく無く、もっとたくさんの園児がほしいという真逆の問題があります。保育園や幼稚園は常にガラガラ。田舎には田舎の問題があるのでむずかしいですね。

ではまた

シェアする

フォローする