マン振りゴルファーは怖くない

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「マン振りゴルファーは怖くない」です。ボールを飛ばすためにドライバーをマン振りする人がたくさんいます。ドライバーばかりではありません。アイアンからウェッジまで同じくマン振りです。

ちょっとしたことでスコアって良くなるのになぁ~なんて見ているのが長老ゴルファーたちです。それだけに「ドライバーは飛距離じゃないよ」とか「もっとコンパクトに」などの言葉が頻繁に出てきます。「いやいや、オレはこのままでいいんです!」とマン振りを続ける人たち。

ボールを飛ばすことはゴルフの醍醐味です。こんなにボールが飛ぶスポーツはそうはないと思います。そのため一般的な運動場などではとてもじゃありませんがゴルフはできません。ゴルフコースのような広いフィールドが必要になります。

ただ単にボールを飛ばすだけなら、練習場だけのゴルフにしてくれ!ラウンドするのは迷惑なのでやめてほしい!なんて思っているのは、長老ゴルファーばかりではありません。当然ですがゴルフ場関係者は迷惑がかかる当事者です。「やめてほしい!」のではなく「やめてください」「来ないでください」なのです。

ゴルフ歴の長いゴルファーは現在のように誰でもゴルフができる環境に無かったことを知っています。先輩・上司に7番アイアンを持たされてそればかり練習させられました。ある程度打てるようにならなければゴルフ場へ連れて行ってもらえなかったのです。

ゴルフをするのは休日が一般的です。これは今も昔も変わりません。そんなときにゴルフ場へ行くときは、会員の紹介や会員同伴などというラウンド条件がありましたので、先輩や上司の言うことは”絶対”でした。

連れて行ってもらわなければラウンドデビューできなかった時代です。それだけにゴルフ場に対する気持ちが今とまったく違ったといってよいでしょう。現在は「ゴルフ場へ行ってあげる」なんて気持ちになる人も多いのではないでしょうか。

どうして、こんなおじさんに負けてしまうのか。他のスポーツでは負けたことがないのにゴルフだけは負ける。なんてことが起きるのがゴルフです。

マン振りゴルファーはボールを飛ばすことを第一に考えているのに対し、ゴルフが上手いといわれる人は、スコアを第一に考えているのです。このことを考えただけでも勝てるわけはありません。当然、ボールを飛ばすことでは負けてしまいますが、スコアで負けないのがゴルフの上級者です。

マン振りゴルファーは「どこまでも飛んで行っちゃってください!」といった感じですが、それを見ているゴルフ上級者は「どこへでも飛んで行っちゃってください!」と見ているのです。

ゴルフほど運動神経の差が表れないスポーツもめずらしいです。歳を取れば運動能力が衰えてきます。それでもゴルフは上達できるのです。プロの世界を見ればそれがわかります。他のスポーツではすでに現役引退だろう!という年齢のゴルファーが活躍しています。

ただ、若く勢いのあるゴルファーはそれを認めようとしないところに落とし穴が待っているのです。長老ゴルファーは「しめしめ」と思っているので・・・

「ニギろうか!」とやさしく近寄ってくるのです。

次回、「マン振りゴルファーへアドバイス!」

ではまた

シェアする

フォローする

コメント

  1. なるほど~、な落とし穴ですね。
    あっしも年よりに負けぬよう精進します!!