FWで飛ばす狙う打ち方

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「FWで飛ばす狙う打ち方」です。最近ではフェアウェイウッド(FW)を5本!?もキャディバッグに入れている人もいるくらいに重宝されているゴルフクラブです。

アイアンが苦手な人や非力なゴルファーにとって楽にボールを運ぶことができるフェアウェイウッドは神器ともいえるものです。これがないと戦えないのです。実際に非力なゴルファーがフェアウェイウッドを使うことでシングルになったところを何度も見てきました

フェアウェイウッドを巧みに操ることでパワーのあるゴルファーと遜色のない飛距離を手にいてれる人も多く、残り距離があっても当たり前のように乗せてくるところは恐怖さえ覚えるくらいです。

”けん”は基本的にフェアウェイウッドが苦手です。理由は分かっています。払い打ちをしているからです。昔からフェアウェイウッドはほうきで払うようにして打つように教えられてきました。

確かに払うようにして打つとボールはよく飛びます。ランが出るのです。しかし、距離を刻むためには払い打つことは計算できない打ち方だと考えます。よく飛んだとしてもラフに入ってしまうことはミスショットの部類に入りますし、ランの勢いがあるので結構深いラフでないと止まらないのです。

実際に払い打つような場面はラウンド中それほど多くないのが現実です。現在はフェアウェイウッドもアイアンのように距離を刻むことが求められているのです。飛ばすだけであれば払い打つこともありだったのですが、払い打つため飛距離が安定しない、ボールが上がるときもあれば低弾道で飛んでいくときもあるのです。傾斜があるときはどうしても方向性を出すことがむずかしくなります。

フェアウェイウッドを巧みに使うゴルファーには共通点があります。それはアイアンのようにヘッドを打ち込むようにして軽くダウンブローでボールを捉えることです。ダウンブローで捉えることでボールに適度のスピンがかかりますのでボールは当然上がります。ボールが上がれば止めることも可能です。これでグリーンを狙うのです。

フェアウェイウッドを払い打っている人は、フェアウェイウッドのソールを使わなければならないということを考えている場合が多いです。ソールを滑らすようにして打つことが大切だと考えています。しかし、これはダフったときの最後の砦なのです。多少ダフってもソールが滑ってくれるのです。

しかし、フェアウェイウッドを払い打つ人にとっては、ソールを滑らさなければならないという最後の砦を使おうとすることがミスの元です。ダフリながら打とうとしているのです。これではボールをコントロールすることは難しいはずです。

それでもフェアウェイウッドが苦手な人は、ユーティリティー(ハイブリッド)を使うことをおススメします。フェアウェイウッドのヘッドを見ると払い打ちたくなるのは”けん”も同じです。そのためユーティリティーで軽くダウンブローで打つことにしています。ユーティリティーはフェアウェイウッドを苦手にしているゴルファーにとってとても重宝するクラブですからね。

ではまた

シェアする

フォローする