軽くイラッとするゴルファー8

"けん"です。本日のゴルフレッスンは「軽くイラッとするゴルファー8」です。人の振り見て我が振り直せということで、ゴルフはどんなに良い人でも、その人の本来の姿をみることができるスポーツです。イラッとしたときにクラブを投げたり、キャディさんに当たり散らしたりいろんなゴルファーがいます。

今回はイラッとするとは限りませんが、あるなぁ~こんなこと!というゴルフにまつわる話です。

プラス10ヤードの飛距離アップを実現

毎年発売されるドライバー

毎年発売されるドライバーは、従来のドライバー(当社比較)に比べて初速がアップしプラス10ヤードの飛距離アップを実現。というキャッチフレーズ!

毎年ドライバーを買い替えるA氏。毎年というよりも4か月に1本の周期になると思う。

同じ時期にゴルフを始めたのでゴルフ歴は20年近くなる。

「前のよりも10ヤードは伸びたね♪」毎年聞くこの言葉。

軽く見積もっても200ヤードは伸びているはず。

パー4なら常にワンオンを狙える距離になっているし、パー5でもセカンドはショートアイアンのはずだが・・・

A氏を見ていると悪徳商法にしか見えない。

このキャッチフレーズ、やめてもらってイイっすか!

リーディングエッジ

M氏はアイアンをよく替える。お気に入りはリーディングエッジが尖っているアイアン。

ボールの下にリーディングエッジが入らないと気に入らないという。

ただ、彼のゴルフレベルには合っていない。つねにそのリーディングエッジが地面に突き刺さりダフっている。そのためスイングが払い打ちになっている。

その昔、ガタパーチャ・ボールからハスケル・ボールに変わりスイングが変わった。シャフトが木でてできていた時代は1本1本打ち方が違っていたらしい。

クラブがスイングを作るってホントだな。

プレース

グリーン上でボールの下ギリギリにマークして拾い上げる。

ボールをもとに戻す時は3センチほどピンに近づけてリプレースする。

これってリプレースでなくてプレースだよな・・・・

イヤ!それ以前の話だな。

走れ

カートに乗るのはよいが、後部座席の真ん中に陣取る最初に降りるヤツ。

50ヤード先にお前のボールはあるんだからクラブ持って走っていいぞ。

「すいません。先に降ります。」

ってなるだろ。

アーリープレー

「前の組遅いな!」とブツブツつぶやく同伴者。

確かにお前はプレーだけは早いが、

超つま先下がりの山の上から打つお前に何の権利があってそんなことをいうんだ。

今回限りの1回じゃない・・・

毎回だぞ。

運動会じゃないんだ、お前にも他にできることがあるんじゃないか。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする