信用できない先輩

”けん”です。本日は「信用できない先輩」です。ゴルフを始めるにあたり、先輩に誘われた方も多いと思います。先輩と言っても会社の上司の場合のほうが多いかもしれませんね。ゴルフを始めると分からないことも多くありますので、先輩・上司の意見は非常に参考になります・・・が、

先輩・上司ができているとは限りません。

信用できない先輩

今回は、こんな先輩・上司いるねって話です。

ドライバーよりアイアンの練習

「ドライバーよりもアイアンの練習をしろ」といつも言われます。

「ドライバーは多くて14回しか使わないんだから」が口癖ですが、先輩のプレーを見ているとOBを含めて、とても14回では収まらない・・・それなのに

ラウンドでは・・・

「ティーショットでアイアンは無いよ。ドライバーでしょ!」

練習であれだけアイアンの練習をするように薦めておきながら、実際のラウンドではドライバーで打てという先輩は信用できません。

グリーンが遅い

パッティングでボールがカップに届かなかったりして、その日一日パッティングの調子が悪いときにいう言葉。

「今日はグリーンが遅いね」

前日、競技ゴルフが開催されていたりして、その余韻がたっぷり残っているグリーン。遅いはずがないので速すぎて打ててない。

先輩を信じて打つと大オーバー。

飛距離

ドッグレッグホールでティーショットが上手く打てたのか、どれくらい飛んだのか計算する先輩。そのときの計算はティーインググラウンドからではなく、残り距離から逆算するので、300ヤード越えたりする。

そしてゴルフが終わり、夜の2次会で女の子に300ヤード飛んだ話をするが、女の子は何がすごいのか分からない。そのことが”どれくらいすごいのか”を私たちにも説明させようとする。

v(ー_ー) 説明してやれよ   ((((((((^_^;) めんどくさい。

ディボット跡

ディボットにつかまったようで、さっきからライが悪いを連発している。

これって・・・

「いつもオマエに教えてあげているオレが・・・

・・・今からミスショットしますよ」

の合図。

ランニングアプローチ

日頃からわざわざ難しいアプローチをするなというけど、先輩のいう最も簡単なランニングアプローチが寄ったところを見たことがない。

大抵の場合、オーバー。そして・・・

それ以降のホールでランニングアプローチはしないことも・・・

練習場ではロブショットばかり練習しているのも知っている。

ではまた

シェアする

フォローする