ゴルフが人を変える

”けん”です。寒くなり体は動きにくくなります。練習前やラウンド前はしっかりとストレッチをしたいものです。どんなスポーツでも同じですが、本番前にストレッチをすることで体がほぐれ、出だしで躓くことが減りますし、何より怪我の予防になります。

本日のゴルフレッスンは、「ゴルフが人を変える」です。みなさんのまわりにもゴルフをすることで人が変わった人いますよね。”けん”のまわりにもたくさんいます。中にはそうでない方もいらっしゃいますが・・・(^m^) ウププ…

ゴルフが上手くなる過程でどうしても大なり小なり、もがき苦しむときがあります。特にどんなスポーツでもできる運動神経のいい人は、「おれはできる!」と思っています。ゴルフは、他のスポーツと一線置く部分があります。その部分に気づかないと上達は望めません。

他のスポーツで、強いチームや上手い人とプレーしたとします。真似はできても上手くなることは稀ですし、上手くなったとしても時間がかかります。しかし、ゴルフでは、競技ゴルフや上手い人とラウンドし、何らかの影響を受けた場合、ほぼ確実に上手くなっています。

コースマネジメントが参考になったり、打つまでのルーティンや2打地点までの間の取り方、キャディさんへの配慮、など気にしていなくても目に留まり、なぜか自分のものになっていることもあります。

スイング部分を参考にするとむずかしいのですが、上記のような直接的なプレー以外の間接的な部分が参考になるはずです。

ゴルフが人を変えることもあります。あんなに付き合いにくい人間だったのにゴルフを初めて人を褒めるようになったとか、礼儀正しくなったとか、ゴルフで変わることよくあるはずです。

久しぶりに再開した先輩がゴルフをしているということでなかよくなりました。以前はただただ「怖い」という印象があった先輩ですが、世間の荒波に揉まれたことも影響するのでしょうが、ゴルフを始めて人間変わった感じです。

最初は、「そんなことはないはずだ!」と先輩の変わりように”不信感”が募りましたが、そうではないようです。あれから10年ほど経ちますが、今では立派な会社の社長です。

ゴルフをする人生の先輩方は、会社のトップの方や、経営に携わる人、などいわゆる”お偉いさん”が多く、会話の中にも度々仕事の話が出てきます。”怖い先輩”は起業する際、”人生の先輩方”にいろんなことを教えてもらったり、支援してもらい会社を起こしました。

ゴルフをしていないのであれば、恐れ多くて近づけない方々ばかりです

”けん”も力にはなりませんが、相談も受けていましたので(聞くだけです)、その過程を見ていて応援していました。会社を起こしてからお祝いも行なわれたわけですが、そのとき出席していた方々はお偉いさんばかり、何年も続いている会社のお祝いのような雰囲気でした。ほぼすべてゴルフ仲間です。

実際に会社が動き出すと、すぐにゴルフ仲間の先輩方から大口の注文の問い合わせが殺到し、あれよあれよという間に、年商数億円の会社に成長しました。

ゴルフをしていなければ、できなかったことです。

ゴルフが人を変え、人生をも変えることがあるとつくづく感じます。

というわけで、ゴルフをすることは後ろめたいことではないと自覚しましょう。

ラウンド当日、家族に問い詰められても・・・

仕事だよ」 (((・・ )( ・・))) オロオロ

(;¬_¬)アヤシイ…

ではなく

仕事だ」v(ー_ー) チッチッチ

と堂々と玄関から大手を振って向かいましょう!もしもの場合に備えて・・・

スペアキーは持っておきたいものです

「開けてくれよ~」 orz 悪かった

ではまた

シェアする

フォローする