ゴルフがめでたい理由教えて

”けん”です。本格的に仕事始めになり、あいさつ回りで忙しいと思います。取引業者を回ったり、お役所に行ったりと大変忙しくなりますね。名刺も200や300では足りないくらいです。

昨年末、最後のあいさつ回りをし、年賀状も出します。数日経過しただけで、また年始のあいさつ回りをしなければならないのはちょっと変ですが、何となく気持ちもリフレッシュしているところが面白いです。

一般的な会社の営業期間は4月から始まり3月に締めることが一般的です。もちろん、そうでないところもあります。仕事の忙しい時期と暇な時期がハッキリしている業種の仕事は、営業期間が9月から始まってみたりと、いろいろ弄っているところもあります。

私たち日本人は、師走になると無駄に忙しく過ごしますし、正月を迎えるときは落ち着いて新年を迎えたいわけです。これほど大騒ぎする国はそんなになさそうな気もします。

まだ幼い頃は、正月というとお年玉を貰えることが嬉しかったものです。正月の遊びを思い出してみると、コマや凧揚げなどをして遊びましたし、女の子は羽子板やかるたなどと思います。ただ正月だけそのような遊びをしたわけではなく、正月前後はかなり遊びました。

私が住んでいるところのコマの遊び方はケンカゴマといって相手のコマに当てて遊ぶのですが、相手のコマを割ることがステータスだったのでコマの芯を研ぎまくっていました。但し研げばそれだけ土に食い込み、回らなくなるので負けてしまうといったマイナス要素もあったわけです。

どうしてゴルフは、めでたいの?

正月はゴルフの番組もたくさん放送されます。今年は石川遼選手や宮里藍選手などたくさんのスター選手が正月の番組に出演していました。どうしてゴルフは正月の番組になるのか、どうしてゴルフがおめでたいことになっているのか、これも不思議な気がします。

大人の遊びということなのでしょうか。どうしても正月休みにゴルフに行きたいための口実なのでしょうか。ゴルフでは年の最後に行なったラウンドや練習を「打ち納め」と言いますし、年が明けて最初のラウンドや練習を「打ち始め」とか「初打ち」などと言います。

当然、ゴルフ場もその辺を心得ていて、立派な門松でお迎えし、流れるBGMは琴の音色、スタート前にはお神酒を頂いたりします。キャディさんには少しばかりお年玉を渡すときもありますよね。

「ゴルフ=めでたい」ことになっていますし、それがどうしてそうなったのか、私の周りで説明できる人がいません。お餅や雪だるまのように白いもの、丸いものが縁起が良くてそれをゴルフボールに重ねたのかなぁなんて考えています。

もしも「知っているよ」って人や「こうじゃなか!」って人がいたらぜひ教えてください。コメントでもメールでも結構です。

メールはこちら

ではまた

シェアする

フォローする