格好いいガッツポーズとは

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「格好いいガッツポーズとは」です。みなさんは長いバーディパットが入ったり、セカンドショットがベタピンに寄ったりしたとき、気持ちの高ぶりからガッツポーズしますか?

どうしてもバーディが欲しかったりして気持ちがすごく盛り上がっているとき咄嗟にガッツポーズって出たりしますよね。ところが、ガッツポーズの練習などしたこともありませんので何ともぎこちないガッツポーズになってしまいせっかくのバーディがテンションを下げてしまうこともあるわけです。

でも、突然訪れるガッツポーズ場面です。できたら格好の良いガッツポーズを用意しておきたいものです。プロゴルファーのガッツポーズが格好いいかというとそうでもありませんよね。見慣れたガッツポーズは気になりませんが、タイガーウッズ選手の力強いガッツポーズでも最初見たときは「どうなの!?」って感じました。

特にプロと違いアマチュアの場合、グリーン上であんなに飛び跳ねたら、グリーンを傷めてしまうということで”注意”されるのがオチですヽ(‘Д`;)丿飛び跳ねることなくグリーンにもやさしいガッツポーズはやはり腕だけでアピールした方がよさそうです。

普通のガッツポーズ

普通のガッツポーズはこんな感じですが、とっさにこの形は取れないことが普通です。慌ててしまって

格好悪いガッツポーズ

こうなるんです。少し「おネェ~系」になってしまいます。やはり練習が必要です。鏡の前で行なうほどのことでもありませんが、誰もいないところで練習しましょう。格好の良いガッツポーズは手首を内側に折るような形です。

格好良いガッツポーズ

手首を内側に折ることで力強さをアピールできます。

深堀選手は体の近くでこの形を作りますので自分の内側から「オレは嬉しいぞ」と秘めた強さを感じます。体から離した形は周りに「どうだ!」と力を示せますし、どちらでもいいと思います。

ジャンボ選手って・・・形はこうだけど・・・

ジャンボガッツポーズ1

最初に内向けから外向けだ!

ジャンボガッツポーズ2

ガッツポーズがどうしてもできない人はすました顔で「どうも」v(ー_ー) でいいでしょう。

ガッツポーズを使える場面がたくさん来ることを祈っています。

ではまた

シェアする

フォローする