ゴルフの不思議1

”けん”です。本日のゴルフレッスンは「ゴルフの不思議」です。ゴルフをしていると、どうしても解せないこと、不思議でたまらないことがたくさんあります。これは他のスポーツにはない部分です。みなさんも不思議に思っていることあると思います。そんな話をここでは紹介します。

忙しい人

毎日、忙しくしている人。ゴルフに誘っても「行けるかどうか分からない・・・」と言います。

ゴルフは長時間拘束されます。普通、途中で止めるわけにはいきません。しかし、”忙しい人”はゴルフにおいては、どうにか時間が作れてしまうのです。諦めていたころに・・・

「大丈夫みたい、行けそうだ!」と連絡が入ります。

「忙しいんじゃないの?」とこちらも気を使いますが、”忙しい人”はラウンド中も慌てることなくどちらかというと・・・

スロープレー

不思議だ!

大して忙しくもないのに、一度は断るこの手の人たちはゴルフにおいては珍しくないです。

飛ばないゴルファーに勝てない

飛距離的にも30ヤードは置いていくし、アイアンだって2番手は違うはず。セカンドショットではいつも最初に打っている。ミスも目立つ・・・それなのに・・・

ティーショットの順番はいつも僕より前で打つ。

どこで負けているか分からない!?

不思議だ!

自分のミスを棚に上げていることに気づけば、早いうちにきっと勝てるぞ!

飛び賞

ゴルフコンペではご存知の通り飛び賞なるものがあります。

ゴルフコンペでは何も貰わないよりも貰った方がいいですし、賞品を貰って帰ることができれば、家庭でもゴルフの理解度は増すはずです。

それだけに飛び賞は必要不可欠な賞なのです。

ただ、飛び賞といっても貰える確率は低く、せいぜい高くて2割程度の確率です。

コンペに5回参加して1回貰えればいいほうです。それなのにその低い確率の中に必ず入ってくる飛び賞くんがみなさんの周りにもいるはずです。

飛び賞を獲得するという運を小出しにする”幸運の持ち主”がいることが不思議だ!

この飛び賞くん、意外にまわりの人気者だったりします。

ではまた

シェアする

フォローする